So-net無料ブログ作成
検索選択

埼京線に痴漢防止カメラ、年内にも一部車両に(読売新聞)

埼京線に痴漢防止カメラ、年内にも一部車両に(読売新聞)

 JR東日本は年内にも、痴漢被害が多い埼京線の一部車両に全国で初めて、防犯カメラを設置する方針を固めた。

 プライバシー保護の観点から犯罪防止に限定し、使用と管理を厳格に運用することで違法性はないと判断した。同社は既に運用規定を策定しており、試験運用を行ったうえ、他路線での導入も検討する。

 鉄道事業者と1都3県の警察が共催した10月の官民会議で、警視庁から防犯カメラの設置が要請されたのを受け、JR東は、防犯対策でのコンビニ店内のカメラ撮影と録画を「違法性はない」とした2005年3月の名古屋高裁判決など、過去の判例を専門家を交えて検討してきた。

 その結果、〈1〉痴漢など防犯対策に限定し、乗客に「録画中」と表示して説明〈2〉一定期間の保存後に削除〈3〉刑事手続き以外での第三者への開示禁止――など、厳格に運用することで問題ないと判断。当面は1〜2編成の電車を対象に、ラッシュ時に混雑が激しい一部車両の天井や網棚付近などに複数のカメラを設置予定だ。

 都内の電車内の痴漢被害は、確認されているだけで毎年約2000件。今年1〜9月に発生した件数も、強制わいせつ事件を含め計1174件に上る。同庁によると、埼京線の今年9月末現在の被害(146件)は全路線の12・4%。強制わいせつ事件も25%以上で、朝夕のラッシュ時でも20分間隔でしか運行されない通勤快速は混雑が激しい上、停車駅間隔が長い「密室状態」となり、15分以上、片側のドアが開かない区間もあるためだ。インターネット上で「埼京線はやりやすい」などの痴漢サイトの書き込みを見て集団痴漢をした悪質なケースもあった。

真鶴ポイント
アゼルバイジャン語で日本のニュースを読む
パチンコ攻略
ライブチャット
出会いランキング

<坂本龍馬>寺田屋事件後の足取り記録 奉行所の報告書発見(毎日新聞)

<坂本龍馬>寺田屋事件後の足取り記録 奉行所の報告書発見(毎日新聞)

 坂本龍馬が伏見奉行所に襲撃され重傷を負った「寺田屋事件」について、事件直後の龍馬の足取りを詳細に記した同奉行所の報告書の写しが見つかり、15日、高知県立坂本龍馬記念館が発表した。同事件に関しては、これまで龍馬の手紙などでしか伝わっていなかったが、幕府側の資料が見つかるのは珍しいという。

 報告書は2通で、京都所司代にあてたもの。手負いの龍馬が薩摩藩邸に向かう途中、「村上町」(現在の京都市伏見区)にある「近江屋三郎兵衛」の「材木納家」に逃げ込んだと記載されており、特定されていない詳細な場所が分かる可能性があるという。材木納屋には血に染まった所持品を残していたとの記載もあった。

 また、龍馬は逃げる際、寺田屋に書類を忘れており、報告書には「坂本龍馬所持至款写取奉差上候」(坂本龍馬が持っていた書類の写しを差し上げます)と記されていた。

 報告書は京都土佐藩邸が集めた1854~66年の資料計574点の中から見つかった。資料を手放そうとしていた京都市の収集家から土佐歴史資料研究会のメンバーがいったん購入し、同県が今月買い取った。

 資料を分析している土佐山内家宝物資料館の渡部淳館長(46)は「単なる回想ではなく、同時代の人が書いたもので臨場感があり、文章が躍っている。これからのドラマや本はもっと細かく描けるようになるだろう」と話している。【千脇康平】

【関連ニュース
雑記帳:「龍馬の同型拳銃」見つかった
坂本龍馬:検定対策ツアーで“歴ドル”美甘子とツアー 近畿日本ツーリスト
長崎さるく:「英雄編」計画決まる 長崎と龍馬の関係、全国区に /長崎
長崎1万人乾杯:来れ「龍馬の道」沿線住民--新年2日 /長崎
図書館交換観光展示:龍馬の生誕地、学びませんか 長崎で開催中 /長崎

エストニア語で日本のニュースを読む
スペインのススメ
ネイルサロン
クレジットカード現金化
パチンコ攻略

アレシャンドレ・ダ・シルバ

グーガこと、アレシャンドレ・ダ・シルバ(Alexandre da Silva "Guga"、1964年6月14日-)は、ブラジル出身の元サッカー選手。FW。1985年にエクアドルリーグの得点王に輝く。1993年のブラジル全国選手権得点王に輝き、サントスFCの優勝に貢献した。その後サウジアラビアでも得点王に輝く。しかし1996年8月に移籍したセレッソ大阪では不発に終わった。所属クラブ1984年 カボフリエンセ1984年 ジュベントス・ド・アクレ1985年-1987年 エスメラルダ・ペトロレロ1987年 イタブナ1987年-1989年 アトレチコ・ミネイロ1989年 ゴイアニアEC1990年 ゴイアスEC1990年 フラメンゴ1990年 SCインテルナシオナル1991年 ゴイアニアGE1991年 AAインテルナシオナル1992年-1995年 サントスFC1995年 ボタフォゴ1995年-1996年 アル・ハジェル1996年8月-12月 セレッソ大阪1997年 アラサトゥバ1997年 アトレチコ・パラナエンセ1998年 バングー1999年 パイサンドゥSC2000年 レモ2001年 バングー2001年 カボフリエンセ個人成績 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90」より作成カテゴリ: ブラジルのサッカー選手 | アトレチコ・ミネイロの選手 | ゴイアスの選手 | フラメンゴの選手 | インテルナシオナルの選手 | サントスFCの選手 | ボタフォゴFRの選手 | セレッソ大阪の選手 | アトレチコ・パラナエンセの選手 | 1964年生 | 存命人物隠しカテゴリ: サッカー選手に関するスタブ項目グーガこと、アレシャンドレ・ダ・シルバ(Alexandre da Silva "Guga"、1964年6月14日-)は、ブラジル出身の元サッカー選手。FW。1985年にエクアドルリーグの得点王に輝く。1993年のブラジル全国選手権得点王に輝き、サントスFCの優勝に貢献した。その後サウジアラビアでも得点王に輝く。しかし1996年8月に移籍したセレッソ大阪では不発に終わった。所属クラブ1984年 カボフリエンセ1984年 ジュベントス・ド・アクレ1985年-1987年 エスメラルダ・ペトロレロ1987年 イタブナ1987年-1989年 アトレチコ・ミネイロ1989年 ゴイアニアEC1990年 ゴイアスEC1990年 フラメンゴ1990年 SCインテルナシオナル1991年 ゴイアニアGE1991年 AAインテルナシオナル1992年-1995年 サントスFC1995年 ボタフォゴ1995年-1996年 アル・ハジェル1996年8月-12月 セレッソ大阪1997年 アラサトゥバ1997年 アトレチコ・パラナエンセ1998年 バングー1999年 パイサンドゥSC2000年 レモ2001年 バングー2001年 カボフリエンセ個人成績 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90」より作成カテゴリ: ブラジルのサッカー選手 | アトレチコ・ミネイロの選手 | ゴイアスの選手 | フラメンゴの選手 | インテルナシオナルの選手 | サントスFCの選手 | ボタフォゴFRの選手 | セレッソ大阪の選手 | アトレチコ・パラナエンセの選手 | 1964年生 | 存命人物隠しカテゴリ: サッカー選手に関するスタブ項目

d6pyvdpfiiの日記
コンゴ語 ~ショッピング編~
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン
無料携帯ホームページ

西康省

テ?他孫俗他テ椛淌椛「損造造造続造側-造揃造巽造側臓テ拒「テ〓蔵テヲE族テ堙倦ッ孫単造束造辿テヲE族テ囁ステ催倦ッ其側テ湘qキ単造テ拒「束造賊造テ?「束造テя「テ?qカ尊テ汨「揃造多他テ椛汨。造遜造テテテ佳暫拒「テ?1905-1911臓臓狸辰村造テ拒ォ造テ拒「竪造谷揃炭他テ椛サテ?テ?V卒端1911-1939臓臓テ?樽テ甘陛?ε甘古ε〓竪造測テε桝「束造狸造多損綻卒端1939-1949臓臓テ?他孫俗他テ椛「測テε桝「束造狸造多損綻卒端1949-1955臓臓テ?他孫俗他テ甘q?テqー村束村贈其竪損綻卒端造テ凝rFテ甘倦「袖造狸造谷臓贈テε湘穀\他テ甘?泊「テ〓俗テ?I臓テ椛」多促谷促テя」則促テ苑淌拒汨。テ凝倦「テ湘?テяア造テε湘樺\臓テ甘?テяア造他テ椛淌拒汨?卒テ?サテ国シテ椛汨?テ?K造テ〓テ催?樽他テ椛汨?テ?M造テ〓テ?テ?M他テ椛汨?促テ淘」谷促テ梠汨?促造促坦促テ苑汨?テ?他造テ湘?他テq?造テ凝?テ恆「揃造多臓贈存遜尊テ汨「テツ暫催?樽他テ椛「テツヂ?ッ蛎ヂ実∥βッ¢」テ剔」テヱ」テ暗qー村束村贈遜贈造辰促蔵促テ髄汨、促テ¢」テ剔」テヱ」テ暗qー促テ¢」達促坦テqー村束村贈遜贈造テテqシ造テ凝テヱケ続促造テqー村束村贈遜贈造辰テ囁ウ損テ梠ーテ桝ケテ泊汨?族鱈属テqケテ泊「テ凝?U造多造谷テε〓竪造但卒テ梠「坦造テ≡「捉造棚臓蔵損テ催?樽テ凝淌ε湘?他テヱコ造テ?ケテ催?樽他テ甘?Mテヱコ造テ凝ヱ。造揃造テ?「造造多臓贈存遜促テ¢」テ剔」テヱ」テ?コ束村贈其竪テq、造テ≡「テ〓テ¢」達促テ?促テ嘉ε〓竪臓側促テ拒」坦促テ?」贈テε〓竪造テ凝£Iテ?U造孫造谷テε〓竪造嘆テ倦シテ古愿?ィ造テ拒イテ梠「坦造テ≡「捉造棚臓蔵促テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テツヂ?ッ?テε湘樺\造テ凝£Iテ?U造揃造多多テ国カ箪多テ国カ箪造テ?1947テ≡ュテ?\揃テ卵「テ?165テ拠[1132多テ国汨。1954テ≡ュ造テテrG属狸村臓テ¢イ孫単多テ国カ箪テ薗@譟・(1953テ≡ュテяイ尊尊)造テ≡「テ?338テ拠[1064多テ国汨。テテ佳暫凝rG1卒端1905テ≡ュ臓蔵損テ催?樽テ£Lテ?я「テテ?ぢ実っ拒ォ造テ〓テ催?樽揃続造嘆テツ?ぢぢっ?」テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テ拒ス俗孫其臓蔵丹其テ?袖造テツッ¢」テ剔」テヱ」テ暗椛ェ続辰属テ甘穀G臓蔵テ倦シテ古恆シ奪臓蔵損テ催?樽他テ椛「テ拒ウ蔵テqョ造揃造テ?「足造多促束促テ?テε湘樺\テ?Kテ薗S造テツ獣澗乎澗っぢ∥「1642テ≡ュ造テ凝?速テツ?ぢ径ッ?ヂ蟻っ凝凝恆ウ嘆造嘆造捉造造造テ?」テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テテヲE賊短テ薗S造嘆テ?\村贈造孫造谷促測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦揃続造テ椛「テ苑「嘆村臓臓孫造テ暗?拒「棚臓蔵1910テ≡ュ臓蔵促辿促袖造テ凝?]他谷造揃造多臓贈狸辰造テ〓測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造辰臓蔵造遜造テテqシ造テツッ¢」テ剔」テヱ」テ?ステ国サ担存担造テツ沼??俗存蔵造嘆造孫造テ剔「テ?コ竪造棚テ?剔「揃臓蔵促測促棚テε湘樺\造束造辿促側臓村促テя」臓促坦テε湘樺\造テ拒「束造賊造テ?「テテε湘樺\造テ凝?他テq?他テ椛「嘆臓蔵促束促テ?テε湘樺\臓テ樺O其テ?袖造テツッ¢」テ剔」テヱ」テ暗椛ェ続辰属テ甘穀G臓蔵テ?他テq?臓蔵損テ催?樽臓蔵賊テ?テ?M造テ拒ケ属テ椛ェ臓テ拒「テ凝?他孫俗他テ椛「嘆テ?テ淌ε桝「揃臓蔵遜他テ穀G臓蔵促テ¢」テ剔」テヱ」テ?ステ国コ束多テ?「テテ?\村贈造テ拒ョテ荘「テ国「辿造狸造テ?「造造多促テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テツ甲叡?囁「嘆テヲE孫単造テ凝椛ケ孫巽造孫造谷造続造テ?「嘆テ古恆ケテ?「揃造多臓贈造揃造束造揃狸辰造測テ?\村贈袖臓孫遜造テテ?属テ?V造テ拒コ竪造棚テ??「テ汨ケテ〓叩造テ?「テ尅「テ苑「テ椛「俗臓蔵多テ苑ョ巽続テ療倦ス造測テ凝姪?ュ臓蔵狸辰造テ湘?速テ?泊「テ凝健@造テヱ「多造テ?「続造鱈造テ≡アテ療倦ステ?苑「テ拒ケ側続族造袖造狸臓蔵狸辰造測テ?崚ε桝「揃造多孫テ氾?俗袖臓卒テ?「辰テヲRテ?桝オ続造テ〓蔵促測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造束造辿造テテ?ス揃但造辰臓蔵テε〓袖テ?捉テテ〓テテ拒ィ袖俗造テ拒「竪造棚臓蔵村臓テrG造テ凝樺W族探造揃造テ?「造造テヱ「多臓贈テrG2卒端促テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テテ?\属狸造テ暗?暗ツ?っ加古恆ケテ?「孫促測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造テ〓続造テツ消椛「テテ¢イ属竪造嘆村尊テε〓坦テ薗[造テテ苑カテ?ィ造テ?「揃臓蔵促テ≡」贈促テ¢」奪族テ〓テ椛エ但尊損孫他臓テ凝?他卒テ汨「テテε〓嘆テヱ」卒テ泊淌?1905テ≡ュ造テ梠「テ≡「テ〓測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造テテ?\村贈族村造テ拒「蔵造テヱ「多臓テ拒「揃臓蔵造袖造辿造テ凝?K卒テ汨「テ?「テツ臣椛サテ髄「嘆テ??造テヱ「多臓贈造テ梠「多臓蔵促テ≡」贈促テ¢」奪族テ湘?K卒テ汨「テテε〓但臓蔵テヲE孫単造テツ暫凖?尅「嘆揃湛造側促束促テ?遜担存担造テテ?P孫続造テ拒「竪造棚臓蔵造束造鱈造側造存造テ?カ息他谷造テ?コ巽テ催卵ア孫テ?ケ造嘆族臓造袖造即造谷造テツっ汨「テテ国ォテ催国「テ?「テ椛「棚臓蔵他テ椛「テ?「揃造テ??ュテqォ造孫造谷他嘆揃誰造測テ?属造誰造テ倦「多造叩臓蔵造テ椛「測造辿造俗臓テ姪?ε甘古ε〓竪臓テ卵「テ?「造造側属テ古ε桝「テ?「賊造テ拒イテ?「坦造存造多臓贈1934テ≡ュ造竪造棚1935テ≡ュ造テ拒「束造賊臓蔵テяキテ?測造テ拒「竪造棚造続造テテε〓嘆テ?倦ー叩テヲE造テテ〓テ??孫テ?オ続テrG損テ国オ続造テツ暫剔ッ巽造テ拒「竪造棚促テ¢」テ剔」テヱ」テ?ステ国ステ催倦ッ其側テ湘qキ単造測テ?テ淌ツ?ぢ蟻っ?ぢ紳ぢ?∥?甲?オ続造テテ?ッテづ?造テ?「テ?「但造テ拒汨?造テ尅「テ苑「テ椛「俗族嘆テづツぢ径ぢ紳∥CrG3卒端1939テ≡ュ臓蔵テ?[テヲEテ?誰テ£G造テテ凝姪?ュ造テ拒「テ?「但造テ椛「造臓蔵孫単テ倦ッテ?俗テ嘉恆「テ湘?ε甘古ε〓竪族嘆他テヱ「嘆袖テ梠「速臓蔵村テqカ炭損テ凖?崚テツ庵?っ〓テ≡」贈促テ¢」奪族テ湘?K卒テ汨「テ拒カテq「辿造狸造多造テ梠「テ梠汨?テ?他孫俗他テ椛「測テ?ュテqォ造揃造多臓贈テrG4卒端テヲE孫単多テ催倦ッテ?俗テ嘉恆「テ〓蔵揃炭孫単損綻造テ梠「テ≡「テ拒シテ椛コ巽テ?テ椛「テテツ㍍椛カ袖賊造テテ?I孫テ汨「嘆村探造賊テ?]造狸造谷造続造テ?「テ拒「竪造テヱ「テ?」テ≡」贈促テ¢」奪族テ〓テテ?K卒テ汨「嘆臓蔵1950テ≡ュ造テ拒「テ〓蔵造造造誰造脱造谷臓テ姪?他テq?テ湘づ椛ス族嘆テ樺[臓テ卵「テツ庵?潅я「テ?「揃造テ?」テ≡」贈促テ¢」奪族テ湘?他卒テ汨「嘆テ?息属袖造揃造多造測臓蔵多揃造多造テ凝?テ汨「賊造多テ?他孫俗他テ甘q?テqー村束村贈其竪造テテテツ庵?っ〓蔵遜他テ穀G造束造辿テ?他孫俗他テ椛「測他存属速造揃造テ?「造造多促テ≡」贈促テ¢」奪族テ〓テ椛エ但尊損孫他臓テ凝?K卒テ汨「テ拒カテづ?I臓蔵遜他テ穀G促測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造測村テqカ炭損テ凖?尅「嘆続テテツ?ぢ径っ?「造造多促テ≡」贈促テ¢」奪族テ〓テ椛エ但尊損孫他臓テ凝?他卒テ汨「テ〓蔵テヲE孫単テ?俗テ嘉恆「テ凝ヲH村テq「テ椛」テ¢」テ剔」テヱ」テ?ステ国「多造テ¢「嘆テ??ス促造揃造テ?「但造側造賊造多臓テ桝」テ¢」達促テ?促テ苑ー嘆テ樺[属テ荘ョ歎族単臓テ卵「テツっ?っ?汨?造テ酎「足テqア造足テ?他テq?造テ拒ウ蔵テqョ造袖造損臓蔵テ?他孫俗他テ椛「束造辿テ?袖村属造テ凝?テ囁「棚テツヂぢ径ぢ紳∥」1955テ≡ュ臓蔵テ?他孫俗他テ甘q?テqー村束村贈其竪造テ湘?荘ケテ汨「袖造狸臓蔵促束促坦促村臓側促テ¢」テ剔」テヱ」テ暗qー村束村贈遜贈造テ拒ー綻造叩造辿造狸臓蔵損テ催?樽他テ椛「テ拒ウテ尅コ箪孫巽テ椛ケ造袖造狸造多臓贈孫テ氾?俗テяキ卒賊テ?樽テ甘陛?ε薗N損テ暗葡Y他損孫テ? (1912.8.26-1913.6.13)テ?樽テ甘舞オテ静ツ?暫暗葡Y他損孫テ? (1913.6.13-1913.7.7)テ?樽テ甘陛?氾??葡Y他損孫テ? (1913.7.7-1914.1.13)テ?樽テ甘陛?ヱコ辿損テ暗я」袖贈臓テ?1914.1.13テ≡「臓テ凝ツ㌢叡泊キ賊臓テ?1915.4.30遜丹臓テ凝敕桝シ袖逑尅淌?1916.8.13テ≡「臓テ拒オ則孫樽テ薗O臓テ?1917テ≡「臓テ凝??M蔵テテ安|?1918.2.2テ≡「-1925.2.10臓テ凝?樽テ甘陛凝嘉倦アテ??甘崚ツ㌢消?淌?1924.5.31テ≡「-1924.12.24臓テ凝ツ㍍?速揃速臓テ?1924.12.24テ≡「-1925.2.10臓テ凝?他孫俗テ?桝ク側損テ?汨?テ?他孫俗テ倦ッテ?俗テяキテツ㍍?速揃速臓テ?1925.2.7テ≡「臓テ凝?樽孫俗奪揃テ薗N属テ荘ョ歎族単 属テ荘ョ歎テяキテツ㌢消?淌?1926.11.27テ≡「臓テ凝?他孫俗テ?ε甘倦エ竪テ?俗テ倦ア属テ荘ョ歎 村巽テ?テ椛ー狸村辿存足臓テ?1928.3.10テ≡「臓テ凝?他孫俗他テ椛オ炭他テ椛ョテ荘ョ歎族単 属テ荘ョ歎テяキテツ㍍椛カ袖賊 (1934.12.29-1938.12.17)テ?他孫俗他テ? 村巽テ?テ甘ツ㍍椛カ袖賊臓テ?1939.1.1テ≡「臓テ拒ー狸孫単存歎臓テ?1949.12.6テ≡「臓テ凝?他孫俗他テ甘q?テqー村束村贈其竪多テ催倦ッテ?俗テ嘉? 村巽テ?テ椛」袖促坦促速促則促造促則促揃促則臓テ椛オ測揃谷賊テ凖?他臓蔵テ?オテ樺T臓テ? (1950.11.7)孫テ氾?俗其竪族竪テ?他孫俗他テ椛「テ〓蔵テ倦シテ古愿?ィ造テ拒「テ〓テ椛ー村造テツ獣澗限?っ佳潅苑ア鱈造孫造谷造測臓蔵造続造テテテツ庵?¢イテづツっ佳沼限安?ぢ径ぢ紳潅実潅桝「テ湘qカ尊テ汨「揃造テ椛「造臓贈造テ梠「多促テ¢」テ剔」テヱ」テ暗q、造測促テ¢」達促テ?促テ苑「テ凝?テ汨「賊造多促テ苑」叩臓村臓側促テ¢汨コ促足促達促テ卵淌椛」蔵促テ?促テ苑汨、促束促テ?テ£Lテ??嘉恆淌拒「テツ潅苑ア鱈テテツ庵?っテ?Mテ薗S造嘆テ?棚造叩造谷臓贈存息袖辿孫テ氾?俗其竪族竪テヲE族テ囁ステ催倦ッ其側テ湘qキ単テяシテ¢ョ造テツ潅苑ア鱈孫テ氾?俗其竪族竪造テ?48存息2テ?テ汨コ贈其テ苑汨。孫俗テ?I存息臓テ椛」多促谷促テя」則促テ苑淌凝?ヱョテqカ息臓テ椛」テ髄汨コ臓テ拒ウテ???カ息其奪テツ蟻限?淌嘉?I存息族鱈孫他存息テ?ケテ陛舞カ息臓テ椛」多促側臓テ凝穀\族遜存息但テ搗ー遜存息テ≡ゥテ?テ?カ息損臓族鱈存息臓テ椛」テ?促俗促辰促テ卵淌拒ョ丹他谷存息賊旦属脱存息テ〓丹孫存息テヱョテ?ヱカ息テ?I其多存息他損テ?泊カ息臓テ椛」テ¢」達促テ?促テ苑淌凝?¢ッテ苑カ息テ薗O他谷存息テ?¢アテ椛カ息臓テ椛」テ≡」谷促族臓テ凝?ッテ薗@存息孫テ卵カ息損臓其湛存息臓テ椛」其促脱促谷臓テ拒ーテ甘∫]存息テ?テ髄ウ担存息臓テ椛」損促谷促揃促奪促谷臓テ拠Hテヱケ続存息テ?他他損存息賊旦存損存息テ?オテ¢イ存息テ≡ゥテ?M存息族テ?Rテ舞カ息テ?テ凖?яカ息テづ?他村存息短箪テ崚苑カ息テ∫Q其テ倦カ息臓テ椛」テ荘」坦促脱促谷臓テ拒ッテ苑オテ髄カ息卒テ¢カ損存息テ妥催≡ゥ存息他村続テ髄カ息族単テ穀\存息卒促テ≡ゥ存息賊旦テ甘舞カ息賊テ帙Vqカ息テ樺T其遜存息テ?テ汨コ贈其テ? テ≡ゥテ?Kテ?テ汨コ贈其テ苑エ但テ?Qテ?テ汨コ贈其テ嘉薗@続テ甘?テ汨コ贈其テ嘉淌テ≡ゥテ?テ汨コ贈其テ苑キテ氾?俗テ?яケ臓其竪 造続造テテ?叩造テ〓孫テ苑ャテヲE造テ≡「孫臓贈族テε苑ャ臓蔵テ?Zテ?袖造揃造テ?ー村造袖造谷其即テテ〓テ泊「嘆袖叩造叩造テ?「造造テ梠「孫臓贈卒テ佚〓孫テ?テ古愿ヲE族テ堙倦ッ孫単造テツ甲氾?俗其竪テ椛ェ狸辰村造テ拒ォ促賊促袖促坦促テя」則促棚促坦臓テ椛アテ椛オ測テrS多テツ|拒」テ苑」叩臓村臓側促テ¢汨コ促足促達促テ卵淌椛」蔵促テ?促テ苑汨、促束促テ?テ£Lテ??嘉恆淌拒」束促テ?テε湘樺\損族孫テ催椛カ存促A. Gruschke: The Cultural Monuments of Tibet臓テ㎏ Outer Provinces: Kham - Volume 1. The Xizang Part of Kham (TAR), White Lotus Press, Bangkok 2004. ISBN 974-480-049-6Tsering Shakya: The Dragon in the Land of Snows. A History of Modern Tibet Since 1947, London 1999, ISBN 0-14-019615-3続属テ薗S促棚促坦促俗存テ?淌¢「造テ?造続側テε〓テ梠汨、テ?樽テ甘陛?ε甘古ε〓竪損綻テrD造テテε〓テ? 臓テ防ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%BA%B7%E7%9C%81臓テ卵「竪造棚尊樽テ?速促束促テ?」卒促棚: テヲE族テ堙倦ッ孫単造テツ消椛ウ辿孫テ氾?俗其竪族竪 | 促テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テテテ佳暫? | 損テ催?樽他テ椛ッ贈造揃促束促テ?」卒促棚: 遜単造足造束造賊造テテ?叩造テツぢ?っ?甲?テ古愿?他孫俗他テ椛淌椛「損造造造続造側-造揃造巽造側臓テ拒「テ〓蔵テヲE族テ堙倦ッ孫単造束造辿テヲE族テ囁ステ催倦ッ其側テ湘qキ単造テ拒「束造賊造テ?「束造テя「テ?qカ尊テ汨「揃造多他テ椛汨。造遜造テテテ佳暫拒「テ?1905-1911臓臓狸辰村造テ拒ォ造テ拒「竪造谷揃炭他テ椛サテ?テ?V卒端1911-1939臓臓テ?樽テ甘陛?ε甘古ε〓竪造測テε桝「束造狸造多損綻卒端1939-1949臓臓テ?他孫俗他テ椛「測テε桝「束造狸造多損綻卒端1949-1955臓臓テ?他孫俗他テ甘q?テqー村束村贈其竪損綻卒端造テ凝rFテ甘倦「袖造狸造谷臓贈テε湘穀\他テ甘?泊「テ〓俗テ?I臓テ椛」多促谷促テя」則促テ苑淌拒汨。テ凝倦「テ湘?テяア造テε湘樺\臓テ甘?テяア造他テ椛淌拒汨?卒テ?サテ国シテ椛汨?テ?K造テ〓テ催?樽他テ椛汨?テ?M造テ〓テ?テ?M他テ椛汨?促テ淘」谷促テ梠汨?促造促坦促テ苑汨?テ?他造テ湘?他テq?造テ凝?テ恆「揃造多臓贈存遜尊テ汨「テツ暫催?樽他テ椛「テツヂ?ッ蛎ヂ実∥βッ¢」テ剔」テヱ」テ暗qー村束村贈遜贈造辰促蔵促テ髄汨、促テ¢」テ剔」テヱ」テ暗qー促テ¢」達促坦テqー村束村贈遜贈造テテqシ造テ凝テヱケ続促造テqー村束村贈遜贈造辰テ囁ウ損テ梠ーテ桝ケテ泊汨?族鱈属テqケテ泊「テ凝?U造多造谷テε〓竪造但卒テ梠「坦造テ≡「捉造棚臓蔵損テ催?樽テ凝淌ε湘?他テヱコ造テ?ケテ催?樽他テ甘?Mテヱコ造テ凝ヱ。造揃造テ?「造造多臓贈存遜促テ¢」テ剔」テヱ」テ?コ束村贈其竪テq、造テ≡「テ〓テ¢」達促テ?促テ嘉ε〓竪臓側促テ拒」坦促テ?」贈テε〓竪造テ凝£Iテ?U造孫造谷テε〓竪造嘆テ倦シテ古愿?ィ造テ拒イテ梠「坦造テ≡「捉造棚臓蔵促テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テツヂ?ッ?テε湘樺\造テ凝£Iテ?U造揃造多多テ国カ箪多テ国カ箪造テ?1947テ≡ュテ?\揃テ卵「テ?165テ拠[1132多テ国汨。1954テ≡ュ造テテrG属狸村臓テ¢イ孫単多テ国カ箪テ薗@譟・(1953テ≡ュテяイ尊尊)造テ≡「テ?338テ拠[1064多テ国汨。テテ佳暫凝rG1卒端1905テ≡ュ臓蔵損テ催?樽テ£Lテ?я「テテ?ぢ実っ拒ォ造テ〓テ催?樽揃続造嘆テツ?ぢぢっ?」テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テ拒ス俗孫其臓蔵丹其テ?袖造テツッ¢」テ剔」テヱ」テ暗椛ェ続辰属テ甘穀G臓蔵テ倦シテ古恆シ奪臓蔵損テ催?樽他テ椛「テ拒ウ蔵テqョ造揃造テ?「足造多促束促テ?テε湘樺\テ?Kテ薗S造テツ獣澗乎澗っぢ∥「1642テ≡ュ造テ凝?速テツ?ぢ径ッ?ヂ蟻っ凝凝恆ウ嘆造嘆造捉造造造テ?」テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テテヲE賊短テ薗S造嘆テ?\村贈造孫造谷促測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦揃続造テ椛「テ苑「嘆村臓臓孫造テ暗?拒「棚臓蔵1910テ≡ュ臓蔵促辿促袖造テ凝?]他谷造揃造多臓贈狸辰造テ〓測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造辰臓蔵造遜造テテqシ造テツッ¢」テ剔」テヱ」テ?ステ国サ担存担造テツ沼??俗存蔵造嘆造孫造テ剔「テ?コ竪造棚テ?剔「揃臓蔵促測促棚テε湘樺\造束造辿促側臓村促テя」臓促坦テε湘樺\造テ拒「束造賊造テ?「テテε湘樺\造テ凝?他テq?他テ椛「嘆臓蔵促束促テ?テε湘樺\臓テ樺O其テ?袖造テツッ¢」テ剔」テヱ」テ暗椛ェ続辰属テ甘穀G臓蔵テ?他テq?臓蔵損テ催?樽臓蔵賊テ?テ?M造テ拒ケ属テ椛ェ臓テ拒「テ凝?他孫俗他テ椛「嘆テ?テ淌ε桝「揃臓蔵遜他テ穀G臓蔵促テ¢」テ剔」テヱ」テ?ステ国コ束多テ?「テテ?\村贈造テ拒ョテ荘「テ国「辿造狸造テ?「造造多促テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テツ甲叡?囁「嘆テヲE孫単造テ凝椛ケ孫巽造孫造谷造続造テ?「嘆テ古恆ケテ?「揃造多臓贈造揃造束造揃狸辰造測テ?\村贈袖臓孫遜造テテ?属テ?V造テ拒コ竪造棚テ??「テ汨ケテ〓叩造テ?「テ尅「テ苑「テ椛「俗臓蔵多テ苑ョ巽続テ療倦ス造測テ凝姪?ュ臓蔵狸辰造テ湘?速テ?泊「テ凝健@造テヱ「多造テ?「続造鱈造テ≡アテ療倦ステ?苑「テ拒ケ側続族造袖造狸臓蔵狸辰造測テ?崚ε桝「揃造多孫テ氾?俗袖臓卒テ?「辰テヲRテ?桝オ続造テ〓蔵促測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造束造辿造テテ?ス揃但造辰臓蔵テε〓袖テ?捉テテ〓テテ拒ィ袖俗造テ拒「竪造棚臓蔵村臓テrG造テ凝樺W族探造揃造テ?「造造テヱ「多臓贈テrG2卒端促テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テテ?\属狸造テ暗?暗ツ?っ加古恆ケテ?「孫促測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造テ〓続造テツ消椛「テテ¢イ属竪造嘆村尊テε〓坦テ薗[造テテ苑カテ?ィ造テ?「揃臓蔵促テ≡」贈促テ¢」奪族テ〓テ椛エ但尊損孫他臓テ凝?他卒テ汨「テテε〓嘆テヱ」卒テ泊淌?1905テ≡ュ造テ梠「テ≡「テ〓測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造テテ?\村贈族村造テ拒「蔵造テヱ「多臓テ拒「揃臓蔵造袖造辿造テ凝?K卒テ汨「テ?「テツ臣椛サテ髄「嘆テ??造テヱ「多臓贈造テ梠「多臓蔵促テ≡」贈促テ¢」奪族テ湘?K卒テ汨「テテε〓但臓蔵テヲE孫単造テツ暫凖?尅「嘆揃湛造側促束促テ?遜担存担造テテ?P孫続造テ拒「竪造棚臓蔵造束造鱈造側造存造テ?カ息他谷造テ?コ巽テ催卵ア孫テ?ケ造嘆族臓造袖造即造谷造テツっ汨「テテ国ォテ催国「テ?「テ椛「棚臓蔵他テ椛「テ?「揃造テ??ュテqォ造孫造谷他嘆揃誰造測テ?属造誰造テ倦「多造叩臓蔵造テ椛「測造辿造俗臓テ姪?ε甘古ε〓竪臓テ卵「テ?「造造側属テ古ε桝「テ?「賊造テ拒イテ?「坦造存造多臓贈1934テ≡ュ造竪造棚1935テ≡ュ造テ拒「束造賊臓蔵テяキテ?測造テ拒「竪造棚造続造テテε〓嘆テ?倦ー叩テヲE造テテ〓テ??孫テ?オ続テrG損テ国オ続造テツ暫剔ッ巽造テ拒「竪造棚促テ¢」テ剔」テヱ」テ?ステ国ステ催倦ッ其側テ湘qキ単造測テ?テ淌ツ?ぢ蟻っ?ぢ紳ぢ?∥?甲?オ続造テテ?ッテづ?造テ?「テ?「但造テ拒汨?造テ尅「テ苑「テ椛「俗族嘆テづツぢ径ぢ紳∥CrG3卒端1939テ≡ュ臓蔵テ?[テヲEテ?誰テ£G造テテ凝姪?ュ造テ拒「テ?「但造テ椛「造臓蔵孫単テ倦ッテ?俗テ嘉恆「テ湘?ε甘古ε〓竪族嘆他テヱ「嘆袖テ梠「速臓蔵村テqカ炭損テ凖?崚テツ庵?っ〓テ≡」贈促テ¢」奪族テ湘?K卒テ汨「テ拒カテq「辿造狸造多造テ梠「テ梠汨?テ?他孫俗他テ椛「測テ?ュテqォ造揃造多臓贈テrG4卒端テヲE孫単多テ催倦ッテ?俗テ嘉恆「テ〓蔵揃炭孫単損綻造テ梠「テ≡「テ拒シテ椛コ巽テ?テ椛「テテツ㍍椛カ袖賊造テテ?I孫テ汨「嘆村探造賊テ?]造狸造谷造続造テ?「テ拒「竪造テヱ「テ?」テ≡」贈促テ¢」奪族テ〓テテ?K卒テ汨「嘆臓蔵1950テ≡ュ造テ拒「テ〓蔵造造造誰造脱造谷臓テ姪?他テq?テ湘づ椛ス族嘆テ樺[臓テ卵「テツ庵?潅я「テ?「揃造テ?」テ≡」贈促テ¢」奪族テ湘?他卒テ汨「嘆テ?息属袖造揃造多造測臓蔵多揃造多造テ凝?テ汨「賊造多テ?他孫俗他テ甘q?テqー村束村贈其竪造テテテツ庵?っ〓蔵遜他テ穀G造束造辿テ?他孫俗他テ椛「測他存属速造揃造テ?「造造多促テ≡」贈促テ¢」奪族テ〓テ椛エ但尊損孫他臓テ凝?K卒テ汨「テ拒カテづ?I臓蔵遜他テ穀G促測促坦促テ≡」坦促テ搗」多促坦造測村テqカ炭損テ凖?尅「嘆続テテツ?ぢ径っ?「造造多促テ≡」贈促テ¢」奪族テ〓テ椛エ但尊損孫他臓テ凝?他卒テ汨「テ〓蔵テヲE孫単テ?俗テ嘉恆「テ凝ヲH村テq「テ椛」テ¢」テ剔」テヱ」テ?ステ国「多造テ¢「嘆テ??ス促造揃造テ?「但造側造賊造多臓テ桝」テ¢」達促テ?促テ苑ー嘆テ樺[属テ荘ョ歎族単臓テ卵「テツっ?っ?汨?造テ酎「足テqア造足テ?他テq?造テ拒ウ蔵テqョ造袖造損臓蔵テ?他孫俗他テ椛「束造辿テ?袖村属造テ凝?テ囁「棚テツヂぢ径ぢ紳∥」1955テ≡ュ臓蔵テ?他孫俗他テ甘q?テqー村束村贈其竪造テ湘?荘ケテ汨「袖造狸臓蔵促束促坦促村臓側促テ¢」テ剔」テヱ」テ暗qー村束村贈遜贈造テ拒ー綻造叩造辿造狸臓蔵損テ催?樽他テ椛「テ拒ウテ尅コ箪孫巽テ椛ケ造袖造狸造多臓贈孫テ氾?俗テяキ卒賊テ?樽テ甘陛?ε薗N損テ暗葡Y他損孫テ? (1912.8.26-1913.6.13)テ?樽テ甘舞オテ静ツ?暫暗葡Y他損孫テ? (1913.6.13-1913.7.7)テ?樽テ甘陛?氾??葡Y他損孫テ? (1913.7.7-1914.1.13)テ?樽テ甘陛?ヱコ辿損テ暗я」袖贈臓テ?1914.1.13テ≡「臓テ凝ツ㌢叡泊キ賊臓テ?1915.4.30遜丹臓テ凝敕桝シ袖逑尅淌?1916.8.13テ≡「臓テ拒オ則孫樽テ薗O臓テ?1917テ≡「臓テ凝??M蔵テテ安|?1918.2.2テ≡「-1925.2.10臓テ凝?樽テ甘陛凝嘉倦アテ??甘崚ツ㌢消?淌?1924.5.31テ≡「-1924.12.24臓テ凝ツ㍍?速揃速臓テ?1924.12.24テ≡「-1925.2.10臓テ凝?他孫俗テ?桝ク側損テ?汨?テ?他孫俗テ倦ッテ?俗テяキテツ㍍?速揃速臓テ?1925.2.7テ≡「臓テ凝?樽孫俗奪揃テ薗N属テ荘ョ歎族単 属テ荘ョ歎テяキテツ㌢消?淌?1926.11.27テ≡「臓テ凝?他孫俗テ?ε甘倦エ竪テ?俗テ倦ア属テ荘ョ歎 村巽テ?テ椛ー狸村辿存足臓テ?1928.3.10テ≡「臓テ凝?他孫俗他テ椛オ炭他テ椛ョテ荘ョ歎族単 属テ荘ョ歎テяキテツ㍍椛カ袖賊 (1934.12.29-1938.12.17)テ?他孫俗他テ? 村巽テ?テ甘ツ㍍椛カ袖賊臓テ?1939.1.1テ≡「臓テ拒ー狸孫単存歎臓テ?1949.12.6テ≡「臓テ凝?他孫俗他テ甘q?テqー村束村贈其竪多テ催倦ッテ?俗テ嘉? 村巽テ?テ椛」袖促坦促速促則促造促則促揃促則臓テ椛オ測揃谷賊テ凖?他臓蔵テ?オテ樺T臓テ? (1950.11.7)孫テ氾?俗其竪族竪テ?他孫俗他テ椛「テ〓蔵テ倦シテ古愿?ィ造テ拒「テ〓テ椛ー村造テツ獣澗限?っ佳潅苑ア鱈造孫造谷造測臓蔵造続造テテテツ庵?¢イテづツっ佳沼限安?ぢ径ぢ紳潅実潅桝「テ湘qカ尊テ汨「揃造テ椛「造臓贈造テ梠「多促テ¢」テ剔」テヱ」テ暗q、造測促テ¢」達促テ?促テ苑「テ凝?テ汨「賊造多促テ苑」叩臓村臓側促テ¢汨コ促足促達促テ卵淌椛」蔵促テ?促テ苑汨、促束促テ?テ£Lテ??嘉恆淌拒「テツ潅苑ア鱈テテツ庵?っテ?Mテ薗S造嘆テ?棚造叩造谷臓贈存息袖辿孫テ氾?俗其竪族竪テヲE族テ囁ステ催倦ッ其側テ湘qキ単テяシテ¢ョ造テツ潅苑ア鱈孫テ氾?俗其竪族竪造テ?48存息2テ?テ汨コ贈其テ苑汨。孫俗テ?I存息臓テ椛」多促谷促テя」則促テ苑淌凝?ヱョテqカ息臓テ椛」テ髄汨コ臓テ拒ウテ???カ息其奪テツ蟻限?淌嘉?I存息族鱈孫他存息テ?ケテ陛舞カ息臓テ椛」多促側臓テ凝穀\族遜存息但テ搗ー遜存息テ≡ゥテ?テ?カ息損臓族鱈存息臓テ椛」テ?促俗促辰促テ卵淌拒ョ丹他谷存息賊旦属脱存息テ〓丹孫存息テヱョテ?ヱカ息テ?I其多存息他損テ?泊カ息臓テ椛」テ¢」達促テ?促テ苑淌凝?¢ッテ苑カ息テ薗O他谷存息テ?¢アテ椛カ息臓テ椛」テ≡」谷促族臓テ凝?ッテ薗@存息孫テ卵カ息損臓其湛存息臓テ椛」其促脱促谷臓テ拒ーテ甘∫]存息テ?テ髄ウ担存息臓テ椛」損促谷促揃促奪促谷臓テ拠Hテヱケ続存息テ?他他損存息賊旦存損存息テ?オテ¢イ存息テ≡ゥテ?M存息族テ?Rテ舞カ息テ?テ凖?яカ息テづ?他村存息短箪テ崚苑カ息テ∫Q其テ倦カ息臓テ椛」テ荘」坦促脱促谷臓テ拒ッテ苑オテ髄カ息卒テ¢カ損存息テ妥催≡ゥ存息他村続テ髄カ息族単テ穀\存息卒促テ≡ゥ存息賊旦テ甘舞カ息賊テ帙Vqカ息テ樺T其遜存息テ?テ汨コ贈其テ? テ≡ゥテ?Kテ?テ汨コ贈其テ苑エ但テ?Qテ?テ汨コ贈其テ嘉薗@続テ甘?テ汨コ贈其テ嘉淌テ≡ゥテ?テ汨コ贈其テ苑キテ氾?俗テ?яケ臓其竪 造続造テテ?叩造テ〓孫テ苑ャテヲE造テ≡「孫臓贈族テε苑ャ臓蔵テ?Zテ?袖造揃造テ?ー村造袖造谷其即テテ〓テ泊「嘆袖叩造叩造テ?「造造テ梠「孫臓贈卒テ佚〓孫テ?テ古愿ヲE族テ堙倦ッ孫単造テツ甲氾?俗其竪テ椛ェ狸辰村造テ拒ォ促賊促袖促坦促テя」則促棚促坦臓テ椛アテ椛オ測テrS多テツ|拒」テ苑」叩臓村臓側促テ¢汨コ促足促達促テ卵淌椛」蔵促テ?促テ苑汨、促束促テ?テ£Lテ??嘉恆淌拒」束促テ?テε湘樺\損族孫テ催椛カ存促A. Gruschke: The Cultural Monuments of Tibet臓テ㎏ Outer Provinces: Kham - Volume 1. The Xizang Part of Kham (TAR), White Lotus Press, Bangkok 2004. ISBN 974-480-049-6Tsering Shakya: The Dragon in the Land of Snows. A History of Modern Tibet Since 1947, London 1999, ISBN 0-14-019615-3続属テ薗S促棚促坦促俗存テ?淌¢「造テ?造続側テε〓テ梠汨、テ?樽テ甘陛?ε甘古ε〓竪損綻テrD造テテε〓テ? 臓テ防ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%BA%B7%E7%9C%81臓テ卵「竪造棚尊樽テ?速促束促テ?」卒促棚: テヲE族テ堙倦ッ孫単造テツ消椛ウ辿孫テ氾?俗其竪族竪 | 促テ¢」テ剔」テヱ」テ?「テテテ佳暫? | 損テ催?樽他テ椛ッ贈造揃促束促テ?」卒促棚: 遜単造足造束造賊造テテ?叩造テツぢ?っ?甲?テ古?

ウズベク語日々勉強中!
お花畑ニュース
クレジットカード現金化 即日
パチンコ攻略
債務整理・自己破産

新生銀行

新生銀行本店ビル 本店入口株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、 Shinsei Bank, Limited )は、東京都千代田区に本店を置く外資系の普通銀行である。歴史日本長期信用銀行時代については「日本長期信用銀行」を参照新生銀行として1998年10月に、経営破綻し日本政府により一時国有化された日本長期信用銀行は、2000年3月、中央三井信託銀行グループ他との競争入札の末にアメリカの企業再生ファンド・リップルウッドや外国銀行らから成る投資組合「ニューLTCBパートナーズ」(New LTCB Partners CV)に売却され、同年6月に「新生銀行」に改称した。ニューLTCBパートナーズとのパートナーシップは2006年11月に解消され、これにより2007年2月でRHJインターナショナル(旧リップルウッド・ホールディングス)の最高経営責任者であるティモシー・C・コリンズ氏は新生銀行の取締役を辞任した。代表取締役(2004年6月の委員会等設置会社移行に伴い代表執行役)会長兼社長にエクソンモービルやシティバンクで日本代表を務めた八城政基を招聘した新体制となってからは、インターネットバンキングでの振込手数料の無料化やATMの365日24時間営業、窓口営業時間の延長、円建てと外貨建ての預金がワンセットになった預金通帳を発行しない総合口座「PowerFlex」の販売など、リテール業務の充実を図った。2004年4月には長期信用銀行から普通銀行に転換、同年9月には、信販会社アプラスと全面的な業務・資本提携。第三者割当増資により連結子会社化。同年10月にはリッチョーワイド(長期信用債券(利子一括払))や機関投資家向けの募集債、財形用リッチョーを除く債券の発行を打ち切っている。また同年同月、消費者金融業シンキを、業務提携で取得した転換社債の行使により持分法適用会社としてグループ傘下に入れるなど、リテール・投資銀行業務などを主軸に積極的な業務展開を行っている。2005年6月24日現在、資本金約4,512億円をもち、海外に1の支店と1の駐在員事務所を持っていた。2007年3月31日現在、従業員数は2,248人(嘱託、臨時採用、現地雇用除く)。アプラスを子会社化した関係で、以前のアプラスに出資していた旧三和銀行の出身者が当社の役員に在籍していたことがあり、主立った人物としては、副会長や会長を歴任した杉山淳二や元専務執行役で現在は新銀行東京の代表取締役社長執行役員に転出した寺井宏隆らの名前が挙げられる。あおぞら銀行との合併2008年の金融危機により、海外投資で多額の損失が生じたこともあり、2009年4月25日、新生銀行とあおぞら銀行が将来の経営統合について交渉に入ったことが報道される。同年6月25日に、2010年中に合併することで基本合意したと報じられた[1][2]。これにより総資産が約19兆円、国内第6位の銀行グループが誕生することとなる。2010年10月までに、あおぞら銀行を吸収合併(株式の割当は、あおぞら銀行株1株に対して新生銀行株1株を割り当てる)し、商号(社名)変更する予定である(株式の合併比率上は対等だが、新生銀行があおぞら銀行株を保有していることなどを理由に、新生銀行が存続行となって、あおぞら銀行を吸収する形を取る)。後述のように、内幸町にある新生銀行本店ビルを売却したため、同年11月ごろに日本橋室町へ本店移転を予定していたが、合併決定に伴い、この時点での本店所在地は未定としている。合併後の代表執行役社長には、足利銀行元頭取の池田憲人顧問(2009年7月1日付就任。同日付であおぞら銀行顧問も併任)が就任を予定しており、現在の八城政基取締役会長・代表執行役社長は、合併と同時の退任を予定している。システムについて基幹システムに、マイクロソフトのWindows 2000 Serverをベースとする、ハードウェアに依存しないオープンシステム(インド・i-flex solutions製の総合銀行業務パッケージ「FLEXCUBE」)を採用。このため、ATMでは待機中の画面に一瞬Windows 2000のロゴマークが写されることがある。また、ATMからクリック音のようなものが聞こえてくることもある。本支店間も、各店舗に置かれたPCサーバ(IAサーバ)をIPネットワークで接続している。メインフレームと専用線で基幹システムを構成するのが当たり前だった大手銀行では異例である。パッケージソフトとオープンシステムの採用により、低コストでシステムを運用できるため、振り込み手数料やATM手数料の無料化など独自のサービスで顧客に還元している。稼働停止時間帯がなく、インターネットバンキングなどのサービスを24時間365日利用できるのも、他行にはない大きな特長になっている。一方で、頻度は多くないものの、二重出金などのシステムトラブルも発生している。商品について総合口座「PowerFlex」個人向け基幹商品である「PowerFlex」は、円建預金・外貨建預金・インターネットバンキングサービス「新生パワーダイレクト」の3つがセットになった総合口座である。特に、円建預金と外貨建預金のセット化は日本法人の銀行としては初めての試みである[3]。従来、外貨建預金は総合口座とは別個に開設しなければならず、資金移動も一部の通貨建を除いて店頭に赴く必要があった。また、インターネットバンキングがセットになっているため「新生パワーダイレクト」が口座開設当初より利用できる。従来、インターネットバンキングサービスも総合口座とは別個に申し込む必要があった(メールオーダーでの新規開設など一部のケースを除く)。このパワーダイレクトを用いて円建預金と外貨建預金間の資金移動が即座に行えるのも特長といえる。もちろん円建普通預金では給与振込や公共料金引落も他行同様に利用できる。2009年5月1日現在、新生パワーダイレクトを用いた振込手数料は、自行宛は一律無料であり、他行宛は1件300円の手数料が、規定回数分のキャッシュバックを振込の都度受けられる。これは「新生ステップアッププログラム」の優遇サービスの1つである。同プログラムは、口座ごとに、前月の平均残高によって3つのステージに分類されるもので、それぞれに優遇枠が決定される。最も優遇されるのは「新生プラチナ」であり、預入総資産の月間平均残高が2,000万円以上か、所定の金融商品(外貨預金や仕組預金、内外の投資信託、保険商品と金融商品仲介)の前月末残高(一部は前月末残高)が300万円以上、もしくは住宅ローン利用の場合が該当する。この場合、当月の10回分までが対象となる。次が「新生ゴールド」であり、預け入れ総資産の前月平均残高200万円以上か、所定の金融商品の前月平均残高30万円以上、または円普通預金・パワー預金の月間平均残高合計が100万円以上、あるいはカードローンの借り入れ月間平均残高が100万円以上の場合に、当月5回分が対象となる。これらに該当しない場合は「新生スタンダード」となり、1回分だけキャッシュバックされる。なお、自行宛の一律無料は営業開始から現在まで続くが、他行宛についても2004年8月31日までは何度でも無料であった。預金総額に対して振込件数が異常に多い、例えば株のデイトレードやインターネットオークションなどで多用する顧客が増加し、サービス維持に支障をきたしたことから、2004年9月1日に、他行宛は1件300円、但し月間5回(前月末の残高が1,000万円以上の場合は月間30回)のキャッシュバックと変更され、2007年10月31日に現在のように再度変更された。キャッシュカードの新規発行には通常1 - 2週間を要するが、店頭において口座を開設した場合に限りPowerFlexではキャッシュカードを即時発行している[4]。これも日本法人の銀行としては初のサービスである[5]。なお、店頭申込以外(メールオーダー扱)は全て本店に口座が開設され、キャッシュカードは郵送される。カードのデザインは当初、ロゴを模したものであったが、現在は32色のカードからキャッシュカードを選ぶことができる[6]。これは(グッドデザイン賞を受賞した。また、カードの偽造や変造による預金者の損害については、条件付で300万円までの補償制度がある。口座開設の際、印影にかえてサインを登録することが可能である。もちろん従前の通り、印鑑による登録も可能となっている。海外において、PLUSマークがあるCD及びATMで現地通貨を引き出すことができる。国際キャッシュカードの申し込みなど特段の手続を必要とせず標準のキャッシュカードで可能。しかも、ATM利用手数料も基本的に無料。引き出した現地通貨は、VISAインターナショナルが定めた為替レートに4%が加算され即時に日本円に換算後、円普通預金から引落とされる。このサービスは、クレジットカードでは普及しているが日本法人の銀行のキャッシュカードでは珍しい[7]。ただし、以下のとおりシステム設計の面で柔軟性を欠く部分がある。「・(中黒)」を名義登録できない日本国籍ではミドルネームが受け付けられないまた、新生パワーダイレクトにおいては以下の様な不便さもある。ログイン画面がフルサイズで表示されるカナ入力は全て半角カタカナを使用しなければならない右クリックが使用できないネットバンキングではキャッシュカードの暗証番号が変更できない(テレホンバンキング「新生パワーコール」では変更可能)仕組預金新生銀行の金融商品の大きな特徴としては、デリバティブを組み込んで高い利息を実現した「仕組預金」が多いことがある。現在では残高が1兆円を越えており、同行の預金のおよそ3分の1を占める。この仕組預金は、一見すると定期預金的な商品として売り出されている。しかし、中途解約は原則できず、行えたとしても大きく元本割れ(1~5割程度)する可能性があり、この点が通常の定期預金とは大きく異なる。なお、中途解約して元本割れした者が商品の危険性について銀行側が十分な説明をしなかったとの苦情を金融庁に寄せており、同庁ではこれを受け、顧客に不利な情報についても、広告で目立つように掲載することを全国銀行公正取引協議会へ指示した。また、顧客への説明義務を強化するために、銀行法の改正も検討している。これらを受け、同行でも中途解約時の元本割れリスクについて広告などで詳しく説明するようになった。以下は、その一覧。日本力円預金パワーステップアップ預金 - 基本的には3年の運用であるが、銀行側の判断で最大10年まで運用期間が延長される場合があり、期間が延長された場合、1年ごとに定めた幅で適用金利を引き上げるパワード・ワン(現在は募集停止) - 基本的に5年間の運用であるが、銀行側の判断で運用期間が8年に延長される場合があるニュー パワード・ワン - 基本的に3年間の運用であるが、同様に5年間に延長される場合があるパワード・ワン プラス(現在は募集停止) - 基本的に5年間の運用であるが、同様に10年間に延長される場合があるパワーリンク225(現在は募集停止)パワー10(現在は募集停止)店舗現行店舗は、shinseibank.comを参照2008年7月1日現在、国内の主要都市に32の支店と2のプラチナセンターがあるが、このうち国内の10支店とプラチナセンターは、硬貨を取り扱わない。2009年4月30日をもって、汐留シオサイトフィナンシャルセンターが廃止されたが、汐留シオサイト支店(旧・日比谷支店より移設していた。支店コード・500)の口座はブランチインブランチ化を含め他の支店に移管・統合されず、無店舗勘定となった(口座店名も、「シオ支店(支店コード・500)」に変更された)。ただし、取引自体は他の各フィナンシャルセンターでも対応している(これは、他の支店名義でも同様の処置)。2009年9月30日より、銀座フィナンシャルセンターが口座勘定を持つ形に変更され、「銀座支店(支店コード・470)」を設置する。従来の顧客の口座(正確には本店銀座出張所となるのだが、口座そのものは、本店と支店コードが同一となる銀座出張所扱いではなく、本店扱いで口座開設となっていた)は、従来通り「本店(支店コード・400)」扱いとなるが、同日以降の新規顧客の口座開設は「銀座支店」扱いとされる。なお、従前の顧客についても、何ら変わらずに、銀座フィナンシャルセンターでの取引自体は可能となっている。ATMの設置状況本支店設置のATMベンダは殆どが沖電気工業(通帳ユニットが省略されたATM-21が中心だが、ごく一部の拠点ではBankITが見られる)。仙台三越・秋葉原UDXビル5階などの一部の店舗外設置箇所では富士通(主に、通帳ユニットを省略したFACT-V model 10)、東京地下鉄駅構内ではコンビニATM型の日立製作所のものも見られる。仙台三越の場合、デイリーヤマザキへの設置ではないが、新生デイリーバンクの扱いとなっており、コンビニATM型の機種ではなく、当社本支店や東京スター銀行の支店ATMなどで見られるような、通帳挿入口がない一般のATMを使用している。本店・支店・出張所のほか、以下の施設にも設置されている。鉄道駅東京メトロ京浜急行電鉄(京急ステーションバンク)※2009年3月31日をもってサービス終了予定(後述)ウィング新橋ホテル京急近畿日本鉄道コンビニエンスストアデイリーヤマザキ(新生デイリーバンク)日本赤十字社(渋谷区広尾にある日赤医療センター)独立行政法人国立病院機構(旧国立病院) コンビニATM(沖電気工業)の小型機種が殆ど。店舗外の物については、業務提携締結に伴い、セブン銀行への置き換えがなされる。デイリーヤマザキ設置分については、単純な置き換えでは同業他社系列のATMを設置することになるため、現状では処遇が未定。撤去し、イーネットや東京スター銀行・ゆうちょ銀行への入替の可能性もある。現時点では、六本木ヒルズ森タワーおよび新宿三丁目駅の構内で、セブン銀行・新生銀行の両ATMを並列設置を行っていることを発表しているが、それ以上のことについては明言されていない。置き換えによって、新生銀行ATMでの相互送金の取扱が無くなる懸念があったが、その前にゆうちょ銀行の相互送金の取扱自体が2008年12月30日以て終了することになった。従って、2009年1月5日には、置き換えの如何に関わらず、ATMでの振込・ゆうちょ銀行宛送金自体が新生銀行キャッシュカード利用時には一切不可能になる。また、京浜急行電鉄の駅などに設置されている、京急ステーションバンクについても、2009年2月10日に2009年3月31日をもってサービスを終了することが発表された。[1]ATMの提携状況新生銀行の円普通口座での入出金手数料は全額無料である。都市銀行(みずほコーポレート銀行除く)・信託銀行(みずほ信託銀行、三菱UFJ信託銀行、中央三井信託銀行、住友信託銀行のみ)・あおぞら銀行・三浦藤沢信用金庫・商工中金のキャッシュカードでも提携時間内(平日8:00 - 21:00、土曜・日曜・祝日9:00 - 17:00)であれば現金を引き出せるが、手数料(平日8:45 -18:00は105円、平日8:00 -8:45・18:00 -21:00と土曜・日曜・祝日9:00 -17:00は210円)を要する。ただし、残高照会は終日無料。また、あおぞら銀行と商工中金のカードについては平日の8:45以前と午後9:00以降及び祝日は利用できない。また、硬貨の入出金は一切使用できない。2007年9月3日から、同行が加盟しているATMネットワーク:LONGS接続金融機関以外としては初めて、横須賀市・三浦市・藤沢市を中心に展開している三浦藤沢信用金庫とのATM相互利用開放が開始された。2008年4月1日から、全国のイーネットで引出が可能となった、正し、地方銀行、第二地方銀行管理機の場合はみずほ銀行経由で取引となる、利用出来るのは、残高照会(無料)、引き出し(要手数料)が可能になった新生銀行が加盟するLONGSは、上記の銀行以外のATMネットワークに接続していないため、これ以外の金融機関(地方銀行・第二地方銀行・三浦藤沢以外の信用金庫など)のキャッシュカードは利用できない。新生銀行のキャッシュカードを利用できる提携ATMなどについては下表に示す。なお、都市銀行のうちみずほコーポレート銀行は利用できない。また、信託銀行と示したのは、みずほ信託・三菱UFJ信託・中央三井信託、住友信託の各行に限る。キャッシュバックとは、それぞれ手数料(105円 -210円)が一度引き落とされるが、1ヵ月分の手数料金額をまとめて、翌月初旬に円普通預金口座に入金されるシステムである。LAWSON ATM (ローソンATM)は都市銀行管理機(埼玉県・千葉県(一部)・東京都・神奈川県(一部)・静岡県(一部)・岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県)のみ利用できる。アットバンクは三井住友銀行管理機(群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県)のみ利用できる。下記以外の金融機関(地方銀行・第二地方銀行・三浦藤沢以外の信用金庫など)のATMは利用できない。これまで平日9:00 -15:00の間に限り、窓口およびATMでゆうちょ銀行の振替口座、総合口座通帳(通常貯金含む)、通常貯蓄貯金宛の送金(相互送金)が可能だった。もちろん、ゆうちょ銀行の振替口座、総合口座通帳(通常貯金含む)、通常貯蓄貯金から引き落とす形で新生銀行口座宛に振り込むことも可能であったが、2009年1月5日にゆうちょ銀行が全銀システムによる振込サービスが開始されたことから、ATMの取扱については終了している。提携金融機関キャッシュカードの引出手数料改定2001年6月から長らく続いてきた新生銀行ATMでの提携金融機関キャッシュカード引出手数料無料のサービスは2006年3月26日の17時を以て終了した。詳しくは新生銀行からのお知らせを参照のこと。なお、新生銀行Power Flexの顧客は引き続き24時間手数料無料で引き出し・預け入れができる。また、他行ATM出金手数料キャッシュバックのサービスも、継続されている。ただし、提携金融機関ATMでの引き出し・預け入れが10回を超える月が連続2ヶ月に及ぶと、利用回数を控えるよう郵送で警告される。長銀破綻処理をめぐる批判長銀破綻から新生銀行誕生に至る一連の処理への批判には、次の2点がある。瑕疵担保条項の積極的行使 旧長銀の売却契約の中に、瑕疵担保条項(新生銀行が引き継いだ債権が、3年以内に2割以上下落したら、国に買取請求を行う)があった。新生銀行にとり、有効期限内に不良債権を一掃し、かつこれにより貸倒引当金戻入益を計上できるメリットがあったため、積極的にこれを行使した。この結果、ライフ、そごう、第一ホテルなど、長銀をメインバンクにしていた企業が破綻に追い込まれ、社会的非難を浴び 新生銀行本店ビル 本店入口株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、 Shinsei Bank, Limited )は、東京都千代田区に本店を置く外資系の普通銀行である。歴史日本長期信用銀行時代については「日本長期信用銀行」を参照新生銀行として1998年10月に、経営破綻し日本政府により一時国有化された日本長期信用銀行は、2000年3月、中央三井信託銀行グループ他との競争入札の末にアメリカの企業再生ファンド・リップルウッドや外国銀行らから成る投資組合「ニューLTCBパートナーズ」(New LTCB Partners CV)に売却され、同年6月に「新生銀行」に改称した。ニューLTCBパートナーズとのパートナーシップは2006年11月に解消され、これにより2007年2月でRHJインターナショナル(旧リップルウッド・ホールディングス)の最高経営責任者であるティモシー・C・コリンズ氏は新生銀行の取締役を辞任した。代表取締役(2004年6月の委員会等設置会社移行に伴い代表執行役)会長兼社長にエクソンモービルやシティバンクで日本代表を務めた八城政基を招聘した新体制となってからは、インターネットバンキングでの振込手数料の無料化やATMの365日24時間営業、窓口営業時間の延長、円建てと外貨建ての預金がワンセットになった預金通帳を発行しない総合口座「PowerFlex」の販売など、リテール業務の充実を図った。2004年4月には長期信用銀行から普通銀行に転換、同年9月には、信販会社アプラスと全面的な業務・資本提携。第三者割当増資により連結子会社化。同年10月にはリッチョーワイド(長期信用債券(利子一括払))や機関投資家向けの募集債、財形用リッチョーを除く債券の発行を打ち切っている。また同年同月、消費者金融業シンキを、業務提携で取得した転換社債の行使により持分法適用会社としてグループ傘下に入れるなど、リテール・投資銀行業務などを主軸に積極的な業務展開を行っている。2005年6月24日現在、資本金約4,512億円をもち、海外に1の支店と1の駐在員事務所を持っていた。2007年3月31日現在、従業員数は2,248人(嘱託、臨時採用、現地雇用除く)。アプラスを子会社化した関係で、以前のアプラスに出資していた旧三和銀行の出身者が当社の役員に在籍していたことがあり、主立った人物としては、副会長や会長を歴任した杉山淳二や元専務執行役で現在は新銀行東京の代表取締役社長執行役員に転出した寺井宏隆らの名前が挙げられる。あおぞら銀行との合併2008年の金融危機により、海外投資で多額の損失が生じたこともあり、2009年4月25日、新生銀行とあおぞら銀行が将来の経営統合について交渉に入ったことが報道される。同年6月25日に、2010年中に合併することで基本合意したと報じられた[1][2]。これにより総資産が約19兆円、国内第6位の銀行グループが誕生することとなる。2010年10月までに、あおぞら銀行を吸収合併(株式の割当は、あおぞら銀行株1株に対して新生銀行株1株を割り当てる)し、商号(社名)変更する予定である(株式の合併比率上は対等だが、新生銀行があおぞら銀行株を保有していることなどを理由に、新生銀行が存続行となって、あおぞら銀行を吸収する形を取る)。後述のように、内幸町にある新生銀行本店ビルを売却したため、同年11月ごろに日本橋室町へ本店移転を予定していたが、合併決定に伴い、この時点での本店所在地は未定としている。合併後の代表執行役社長には、足利銀行元頭取の池田憲人顧問(2009年7月1日付就任。同日付であおぞら銀行顧問も併任)が就任を予定しており、現在の八城政基取締役会長・代表執行役社長は、合併と同時の退任を予定している。システムについて基幹システムに、マイクロソフトのWindows 2000 Serverをベースとする、ハードウェアに依存しないオープンシステム(インド・i-flex solutions製の総合銀行業務パッケージ「FLEXCUBE」)を採用。このため、ATMでは待機中の画面に一瞬Windows 2000のロゴマークが写されることがある。また、ATMからクリック音のようなものが聞こえてくることもある。本支店間も、各店舗に置かれたPCサーバ(IAサーバ)をIPネットワークで接続している。メインフレームと専用線で基幹システムを構成するのが当たり前だった大手銀行では異例である。パッケージソフトとオープンシステムの採用により、低コストでシステムを運用できるため、振り込み手数料やATM手数料の無料化など独自のサービスで顧客に還元している。稼働停止時間帯がなく、インターネットバンキングなどのサービスを24時間365日利用できるのも、他行にはない大きな特長になっている。一方で、頻度は多くないものの、二重出金などのシステムトラブルも発生している。商品について総合口座「PowerFlex」個人向け基幹商品である「PowerFlex」は、円建預金・外貨建預金・インターネットバンキングサービス「新生パワーダイレクト」の3つがセットになった総合口座である。特に、円建預金と外貨建預金のセット化は日本法人の銀行としては初めての試みである[3]。従来、外貨建預金は総合口座とは別個に開設しなければならず、資金移動も一部の通貨建を除いて店頭に赴く必要があった。また、インターネットバンキングがセットになっているため「新生パワーダイレクト」が口座開設当初より利用できる。従来、インターネットバンキングサービスも総合口座とは別個に申し込む必要があった(メールオーダーでの新規開設など一部のケースを除く)。このパワーダイレクトを用いて円建預金と外貨建預金間の資金移動が即座に行えるのも特長といえる。もちろん円建普通預金では給与振込や公共料金引落も他行同様に利用できる。2009年5月1日現在、新生パワーダイレクトを用いた振込手数料は、自行宛は一律無料であり、他行宛は1件300円の手数料が、規定回数分のキャッシュバックを振込の都度受けられる。これは「新生ステップアッププログラム」の優遇サービスの1つである。同プログラムは、口座ごとに、前月の平均残高によって3つのステージに分類されるもので、それぞれに優遇枠が決定される。最も優遇されるのは「新生プラチナ」であり、預入総資産の月間平均残高が2,000万円以上か、所定の金融商品(外貨預金や仕組預金、内外の投資信託、保険商品と金融商品仲介)の前月末残高(一部は前月末残高)が300万円以上、もしくは住宅ローン利用の場合が該当する。この場合、当月の10回分までが対象となる。次が「新生ゴールド」であり、預け入れ総資産の前月平均残高200万円以上か、所定の金融商品の前月平均残高30万円以上、または円普通預金・パワー預金の月間平均残高合計が100万円以上、あるいはカードローンの借り入れ月間平均残高が100万円以上の場合に、当月5回分が対象となる。これらに該当しない場合は「新生スタンダード」となり、1回分だけキャッシュバックされる。なお、自行宛の一律無料は営業開始から現在まで続くが、他行宛についても2004年8月31日までは何度でも無料であった。預金総額に対して振込件数が異常に多い、例えば株のデイトレードやインターネットオークションなどで多用する顧客が増加し、サービス維持に支障をきたしたことから、2004年9月1日に、他行宛は1件300円、但し月間5回(前月末の残高が1,000万円以上の場合は月間30回)のキャッシュバックと変更され、2007年10月31日に現在のように再度変更された。キャッシュカードの新規発行には通常1 - 2週間を要するが、店頭において口座を開設した場合に限りPowerFlexではキャッシュカードを即時発行している[4]。これも日本法人の銀行としては初のサービスである[5]。なお、店頭申込以外(メールオーダー扱)は全て本店に口座が開設され、キャッシュカードは郵送される。カードのデザインは当初、ロゴを模したものであったが、現在は32色のカードからキャッシュカードを選ぶことができる[6]。これは(グッドデザイン賞を受賞した。また、カードの偽造や変造による預金者の損害については、条件付で300万円までの補償制度がある。口座開設の際、印影にかえてサインを登録することが可能である。もちろん従前の通り、印鑑による登録も可能となっている。海外において、PLUSマークがあるCD及びATMで現地通貨を引き出すことができる。国際キャッシュカードの申し込みなど特段の手続を必要とせず標準のキャッシュカードで可能。しかも、ATM利用手数料も基本的に無料。引き出した現地通貨は、VISAインターナショナルが定めた為替レートに4%が加算され即時に日本円に換算後、円普通預金から引落とされる。このサービスは、クレジットカードでは普及しているが日本法人の銀行のキャッシュカードでは珍しい[7]。ただし、以下のとおりシステム設計の面で柔軟性を欠く部分がある。「・(中黒)」を名義登録できない日本国籍ではミドルネームが受け付けられないまた、新生パワーダイレクトにおいては以下の様な不便さもある。ログイン画面がフルサイズで表示されるカナ入力は全て半角カタカナを使用しなければならない右クリックが使用できないネットバンキングではキャッシュカードの暗証番号が変更できない(テレホンバンキング「新生パワーコール」では変更可能)仕組預金新生銀行の金融商品の大きな特徴としては、デリバティブを組み込んで高い利息を実現した「仕組預金」が多いことがある。現在では残高が1兆円を越えており、同行の預金のおよそ3分の1を占める。この仕組預金は、一見すると定期預金的な商品として売り出されている。しかし、中途解約は原則できず、行えたとしても大きく元本割れ(1~5割程度)する可能性があり、この点が通常の定期預金とは大きく異なる。なお、中途解約して元本割れした者が商品の危険性について銀行側が十分な説明をしなかったとの苦情を金融庁に寄せており、同庁ではこれを受け、顧客に不利な情報についても、広告で目立つように掲載することを全国銀行公正取引協議会へ指示した。また、顧客への説明義務を強化するために、銀行法の改正も検討している。これらを受け、同行でも中途解約時の元本割れリスクについて広告などで詳しく説明するようになった。以下は、その一覧。日本力円預金パワーステップアップ預金 - 基本的には3年の運用であるが、銀行側の判断で最大10年まで運用期間が延長される場合があり、期間が延長された場合、1年ごとに定めた幅で適用金利を引き上げるパワード・ワン(現在は募集停止) - 基本的に5年間の運用であるが、銀行側の判断で運用期間が8年に延長される場合があるニュー パワード・ワン - 基本的に3年間の運用であるが、同様に5年間に延長される場合があるパワード・ワン プラス(現在は募集停止) - 基本的に5年間の運用であるが、同様に10年間に延長される場合があるパワーリンク225(現在は募集停止)パワー10(現在は募集停止)店舗現行店舗は、shinseibank.comを参照2008年7月1日現在、国内の主要都市に32の支店と2のプラチナセンターがあるが、このうち国内の10支店とプラチナセンターは、硬貨を取り扱わない。2009年4月30日をもって、汐留シオサイトフィナンシャルセンターが廃止されたが、汐留シオサイト支店(旧・日比谷支店より移設していた。支店コード・500)の口座はブランチインブランチ化を含め他の支店に移管・統合されず、無店舗勘定となった(口座店名も、「シオ支店(支店コード・500)」に変更された)。ただし、取引自体は他の各フィナンシャルセンターでも対応している(これは、他の支店名義でも同様の処置)。2009年9月30日より、銀座フィナンシャルセンターが口座勘定を持つ形に変更され、「銀座支店(支店コード・470)」を設置する。従来の顧客の口座(正確には本店銀座出張所となるのだが、口座そのものは、本店と支店コードが同一となる銀座出張所扱いではなく、本店扱いで口座開設となっていた)は、従来通り「本店(支店コード・400)」扱いとなるが、同日以降の新規顧客の口座開設は「銀座支店」扱いとされる。なお、従前の顧客についても、何ら変わらずに、銀座フィナンシャルセンターでの取引自体は可能となっている。ATMの設置状況本支店設置のATMベンダは殆どが沖電気工業(通帳ユニットが省略されたATM-21が中心だが、ごく一部の拠点ではBankITが見られる)。仙台三越・秋葉原UDXビル5階などの一部の店舗外設置箇所では富士通(主に、通帳ユニットを省略したFACT-V model 10)、東京地下鉄駅構内ではコンビニATM型の日立製作所のものも見られる。仙台三越の場合、デイリーヤマザキへの設置ではないが、新生デイリーバンクの扱いとなっており、コンビニATM型の機種ではなく、当社本支店や東京スター銀行の支店ATMなどで見られるような、通帳挿入口がない一般のATMを使用している。本店・支店・出張所のほか、以下の施設にも設置されている。鉄道駅東京メトロ京浜急行電鉄(京急ステーションバンク)※2009年3月31日をもってサービス終了予定(後述)ウィング新橋ホテル京急近畿日本鉄道コンビニエンスストアデイリーヤマザキ(新生デイリーバンク)日本赤十字社(渋谷区広尾にある日赤医療センター)独立行政法人国立病院機構(旧国立病院) コンビニATM(沖電気工業)の小型機種が殆ど。店舗外の物については、業務提携締結に伴い、セブン銀行への置き換えがなされる。デイリーヤマザキ設置分については、単純な置き換えでは同業他社系列のATMを設置することになるため、現状では処遇が未定。撤去し、イーネットや東京スター銀行・ゆうちょ銀行への入替の可能性もある。現時点では、六本木ヒルズ森タワーおよび新宿三丁目駅の構内で、セブン銀行・新生銀行の両ATMを並列設置を行っていることを発表しているが、それ以上のことについては明言されていない。置き換えによって、新生銀行ATMでの相互送金の取扱が無くなる懸念があったが、その前にゆうちょ銀行の相互送金の取扱自体が2008年12月30日以て終了することになった。従って、2009年1月5日には、置き換えの如何に関わらず、ATMでの振込・ゆうちょ銀行宛送金自体が新生銀行キャッシュカード利用時には一切不可能になる。また、京浜急行電鉄の駅などに設置されている、京急ステーションバンクについても、2009年2月10日に2009年3月31日をもってサービスを終了することが発表された。[1]ATMの提携状況新生銀行の円普通口座での入出金手数料は全額無料である。都市銀行(みずほコーポレート銀行除く)・信託銀行(みずほ信託銀行、三菱UFJ信託銀行、中央三井信託銀行、住友信託銀行のみ)・あおぞら銀行・三浦藤沢信用金庫・商工中金のキャッシュカードでも提携時間内(平日8:00 - 21:00、土曜・日曜・祝日9:00 - 17:00)であれば現金を引き出せるが、手数料(平日8:45 -18:00は105円、平日8:00 -8:45・18:00 -21:00と土曜・日曜・祝日9:00 -17:00は210円)を要する。ただし、残高照会は終日無料。また、あおぞら銀行と商工中金のカードについては平日の8:45以前と午後9:00以降及び祝日は利用できない。また、硬貨の入出金は一切使用できない。2007年9月3日から、同行が加盟しているATMネットワーク:LONGS接続金融機関以外としては初めて、横須賀市・三浦市・藤沢市を中心に展開している三浦藤沢信用金庫とのATM相互利用開放が開始された。2008年4月1日から、全国のイーネットで引出が可能となった、正し、地方銀行、第二地方銀行管理機の場合はみずほ銀行経由で取引となる、利用出来るのは、残高照会(無料)、引き出し(要手数料)が可能になった新生銀行が加盟するLONGSは、上記の銀行以外のATMネットワークに接続していないため、これ以外の金融機関(地方銀行・第二地方銀行・三浦藤沢以外の信用金庫など)のキャッシュカードは利用できない。新生銀行のキャッシュカードを利用できる提携ATMなどについては下表に示す。なお、都市銀行のうちみずほコーポレート銀行は利用できない。また、信託銀行と示したのは、みずほ信託・三菱UFJ信託・中央三井信託、住友信託の各行に限る。キャッシュバックとは、それぞれ手数料(105円 -210円)が一度引き落とされるが、1ヵ月分の手数料金額をまとめて、翌月初旬に円普通預金口座に入金されるシステムである。LAWSON ATM (ローソンATM)は都市銀行管理機(埼玉県・千葉県(一部)・東京都・神奈川県(一部)・静岡県(一部)・岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県)のみ利用できる。アットバンクは三井住友銀行管理機(群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県)のみ利用できる。下記以外の金融機関(地方銀行・第二地方銀行・三浦藤沢以外の信用金庫など)のATMは利用できない。これまで平日9:00 -15:00の間に限り、窓口およびATMでゆうちょ銀行の振替口座、総合口座通帳(通常貯金含む)、通常貯蓄貯金宛の送金(相互送金)が可能だった。もちろん、ゆうちょ銀行の振替口座、総合口座通帳(通常貯金含む)、通常貯蓄貯金から引き落とす形で新生銀行口座宛に振り込むことも可能であったが、2009年1月5日にゆうちょ銀行が全銀システムによる振込サービスが開始されたことから、ATMの取扱については終了している。提携金融機関キャッシュカードの引出手数料改定2001年6月から長らく続いてきた新生銀行ATMでの提携金融機関キャッシュカード引出手数料無料のサービスは2006年3月26日の17時を以て終了した。詳しくは新生銀行からのお知らせを参照のこと。なお、新生銀行Power Flexの顧客は引き続き24時間手数料無料で引き出し・預け入れができる。また、他行ATM出金手数料キャッシュバックのサービスも、継続されている。ただし、提携金融機関ATMでの引き出し・預け入れが10回を超える月が連続2ヶ月に及ぶと、利用回数を控えるよう郵送で警告される。長銀破綻処理をめぐる批判長銀破綻から新生銀行誕生に至る一連の処理への批判には、次の2点がある。瑕疵担保条項の積極的行使 旧長銀の売却契約の中に、瑕疵担保条項(新生銀行が引き継いだ債権が、3年以内に2割以上下落したら、国に買取請求を行う)があった。新生銀行にとり、有効期限内に不良債権を一掃し、かつこれにより貸倒引当金戻入益を計上できるメリットがあったため、積極的にこれを行使した。この結果、ライフ、そごう、第一ホテルなど、長銀をメインバンクにしていた企業が破綻に追い込まれ、社会的非難を浴び

最近の出来事
My First JUGEM!
出会いランキング
ライブチャット
債務整理・自己破産

ジャッキー・イクス

ジャック・ベルナール・"ジャッキー"・イクスJacques Bernard "Jacky" Ickx 、1945年1月1日 - )は、ベルギー生まれの、かつてF1で活躍した元レーシングドライバーである。また、ル・マン24時間レースでの活躍も有名である。

F1

ニュルブルクリンクで行われたドイツGPにおいて、ティレルF2チームから参戦。予選において、並み居るF1ドライバーを凌ぎ、ジム・クラーク、デニス・ハルムに次ぐ総合3位に相当する予選タイムをマークした。

グリッドはF1の後ろとなるにも関わらず決勝でも4周目終了時には12台を抜いて5位を走行、リタイアに終わったもののF1チームのマネジャー達に対する強いアピールとなり、イタリアグランプリではクーパーのワークスシートを獲得。その初戦において早くも6位入賞を果たした。

フェラーリへ移籍。フランスグランプリで初優勝、ドイツグランプリではポールポジションを獲得する活躍を見せた。

ブラバムへ移籍し2勝をマーク、ドライバーズランキング2位となった。

フェラーリへ戻った。ランキングトップだったヨッヘン・リントの事故死を受け、非公式ながら「死んだ人物からチャンピオンを奪い取るわけにはいかない」と発言している。これは八百長発言というわけではないという意見がある。リントが死亡したイタリアグランプリの前戦オーストリアグランプリ終了時点でリントは45ポイントを獲得しており、ジャック・ブラバムが25ポイント、デニス・ハルムが20ポイント、イクスは19ポイントだった。状況としては、イクスがトラブルでリタイアを余儀なくされたイタリアグランプリを除き、最終3戦を3連勝してようやくリントを1ポイント上回るという大差を付けられており、イクスがタイトルを獲れる可能性は非常に小さかった。結果としてイクスは最終戦メキシコグランプリの優勝を含む優勝2回・4位1回と、3戦で21ポイントを稼ぐ大健闘を見せた。この頑張りは「手を抜いた走りをするのはリントに失礼」と言う思いがあったから、という意見がある。最終戦を優勝したイクスに対し、リント夫人が「カナダグランプリを優勝した時には、このまま全部勝ってしまうのではないかと思った」と言ったという。この年がイクスのキャリアの中でも最もF1世界チャンピオンに近づいた年になった。

オランダグランプリで1勝したに留まった。

ドイツグランプリで1勝したに留まった。

フェラーリのエースとして開幕を迎えたがチームとの関係は悪化しており、更にニューマシン312B3の開発が難航しフェラーリはイギリスグランプリの後F1を休止、その間ドイツグランプリで3台目のマクラーレンM23を駆り、2台のティレルに次ぐ3位表彰台を獲得。再びフェラーリに戻ったが、オーストリアグランプリ用の新型B3はセカンドドライバーのイタリア人、アルトゥーロ・メルツァリオのみに委ねられた。結局シーズン終了を待たずしてフェラーリを離脱。最終戦アメリカグランプリで、フランク・ウィリアムズ率いるイソで出走し、7位に入り意地を見せた(メルツァリオはリタイア)。

エマーソン・フィッティパルディの抜けたロータスに加入。手始めにブランズハッチで行われたノンタイトル戦「レース・オブ・チャンピオンズ」で優勝を挙げる。この年ロータスはニューマシン76をデビューさせたが、後に車の出来が期待はずれであることが判明、結局僚友、ロニー・ピーターソンがモナコグランプリで優勝した後に開発中止となり、その後は76のパーツを流用した72Eで戦うこととなる。チーム内では1年の経験があるピーターソンの方に分があったが、彼が後退した2レースで表彰台を獲得し、ドイツグランプリでは得意のニュルブルクリンクを舞台にピーターソンの0.8秒差(このレースのタイム計測は1/10秒単位であった)でフィニッシュするなど、時折光る走りを見せた。

ピーターソンと共にロータスを駆ったが、時代遅れの72Eにもはや勝つための能力はなく、人身事故のため29周で中断したスペイングランプリでの2位が唯一の入賞となった。結局イギリスグランプリ前にロータスを去ることとなる。

1973年最終戦以来となるウィリアムズチームに移籍。しかしアメリカ西グランプリ、ベルギーグランプリ、モナコグランプリ、イギリスグランプリで予選落ちを喫するという散々な成績の末チームを去ることになる。この年は、スウェーデングランプリを欠場する代わりにポルシェ・936を駆りル・マン24時間レースを制しており、この頃からスポーツカーレースを活動の中心に置くようになったようである。その後ドイツグランプリで起こったニキ・ラウダの事故にて、安全管理に不満を示しF1を引退したクリス・エイモンに代わり母国オーストリアグランプリを走ったハンス・ビンダーを引き継ぐ形でエンサインに移籍しF1復帰。イタリアグランプリ、カナダグランプリで完走するも世界のトップドライバーに見合うパッケージとは程遠かった。

クレイ・レガッツォーニに代わり、エンサインのワークスカーでモナコグランプリのみスポット参戦して10位。

引き続きエンサインでモナコグランプリ、ベルギーグランプリ、スペイングランプリ、スウェーデングランプリに参戦したが、好成績を得られぬままデレック・デイリーにシートを託した。

もはやモナコグランプリにも母国ベルギーグランプリにも出走しなかったが、フランスグランプリ前にリジェのパトリック・ドゥパイエがハンググライダーの事故で負傷して空いたシートに収まった。この年リジェチームは3勝を挙げており、再び勝利を伺える千載一遇のチャンスだったが、不運にもシーズン中頃から低迷、5位と6位それぞれ1回ずつの入賞に留まった。最終戦アメリカグランプリはグリッド最後尾24番手でかろうじて決勝に進出したものの決勝レーススタート2周目アクシデントでリタイア、更にその次の周ではチームメイト、ジャック・ラフィットまでもアクシデントでリタイア。イクスはこの年を最後にF1を去り、リジェのシートはディディエ・ピローニに引き継がれた。

耐久レース

F1参戦中より活躍を見せており、特にル・マン24時間レースにおいては1969年、1975年、1976年、1977年、1981年、1982年と6勝をマーク[1]し、「ル・マンの帝王」と呼ばれた。この頃日本ダンロップのタイヤ「ル・マン24」のテレビコマーシャルにも出演している。

また1972年にはデイトナ24時間レースに勝利している。

ラリー

1983年にはメルセデス・ベンツでパリ・ダカールラリーに優勝し、1984年から1986年まではポルシェで同ラリーに参戦した。

その後もソ連製のラーダニーヴァで参戦し、1988年にはプジョー405T16GRを駆り、チームメイトのアリ・バタネンと壮絶な首位争いをする中、同士討ちを恐れた監督のジャン・トッドの指示によりコイントスで順位を決め、負けたイクスはこの年総合2位となり、FISAの会長が「モータースポーツを冒涜する行為だ!」と激怒し物議を醸した。

カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ

1979年にチャンピオンを獲得している。

安全に対するポリシー

安全に対してポリシーを持つ人物だったという意見がある。

ル・マン24時間レースにおけるル・マン式スタート(ドライバーが外からマシンに飛び乗ってスタートする。シートベルトを締める時間がないため危険という意見がある)は危険として常に抗議していた。そのアピールとして1969年の同レースのスタート時、あえてマシンまでゆっくり歩き、シートベルトをきちんと締め、最後尾からゆっくりとスタートした。このレースは激戦の末にイクスのフォード・GT40がポルシェ・908をギリギリでかわして優勝するという劇的な展開になった。これが決定的となりル・マン式スタートは廃止された、という意見がある。

レースマスコミが、カーレースの潜在的な危険性をを採り上げ、見世物のように無用な蛮勇を褒めあげることを嫌っていた、という意見がある。記者から「レースに勝つコツは」としつこいインタビューをされた際には「できるだけ"遅い"タイムで1位で完走すること。」とコメントした。

ドライバー業以外

モナコグランプリの競技役員も務め、チェッカーフラッグを振る役目を果たしていたが、1984年の豪雨のレースでは、レース中盤に赤旗による打ち切りの判断を下したことが、「猛然と迫ってくるアイルトン・セナとステファン・ベロフが首位走行のアラン・プロストを追い抜くことを阻止するためだったのではないのか」と物議を醸したこともあった。しかし、レースは視界がまったく見えないほどの豪雨であり、協議側も順位を把握できない危険な状態となっていたため、この論争はあくまで噂に過ぎない。

ベルギー人は独仏という大国にはさまれて影が薄くなることが多いことから、同郷の若手ドライバーとF1などトップカテゴリーの間のパイプ役を務めている。ティエリー・ブーツェンやベルトラン・ガショー等がその恩恵に浴した。

1991年にはマツダのスーパーバイザーを務め、マツダの優勝に貢献した。ル・マン優勝後、マツダはイクスに対してボーナスの提供を申し出たが、イクスは「私はマツダを優勝させるために契約したのだから、優勝したからといってボーナスを貰う理由はない。」と固辞したエピソードがある。

補足

長女のヴァニーナ・イクスもレーシングドライバーであり、スパ・フランコルシャン24時間レースやル・マン耐久シリーズに参戦した他、2006年からはドイツツーリングカー選手権にフル参戦している。

2006年に行われたラ・フェスタ・ミッレミリアにアルファロメオでエントリーしていたが、当日は姿を見せなかった。

脚注

  1. ^ 2005年にトム・クリステンセンに破られるまで長く最多勝記録であった。

関連項目

  • モータースポーツ
  • ドライバー一覧
  • F1ドライバーの一覧
  • 国際モータースポーツ殿堂
  • ル・マン24時間レース

外部リンク

  • ジャッキー・イクス公認ファンサイト
  • Porsche car pictures

ジャック・ベルナール・"ジャッキー"・イクスJacques Bernard "Jacky" Ickx 、1945年1月1日 - )は、ベルギー生まれの、かつてF1で活躍した元レーシングドライバーである。また、ル・マン24時間レースでの活躍も有名である。

F1

ニュルブルクリンクで行われたドイツGPにおいて、ティレルF2チームから参戦。予選において、並み居るF1ドライバーを凌ぎ、ジム・クラーク、デニス・ハルムに次ぐ総合3位に相当する予選タイムをマークした。

グリッドはF1の後ろとなるにも関わらず決勝でも4周目終了時には12台を抜いて5位を走行、リタイアに終わったもののF1チームのマネジャー達に対する強いアピールとなり、イタリアグランプリではクーパーのワークスシートを獲得。その初戦において早くも6位入賞を果たした。

フェラーリへ移籍。フランスグランプリで初優勝、ドイツグランプリではポールポジションを獲得する活躍を見せた。

ブラバムへ移籍し2勝をマーク、ドライバーズランキング2位となった。

フェラーリへ戻った。ランキングトップだったヨッヘン・リントの事故死を受け、非公式ながら「死んだ人物からチャンピオンを奪い取るわけにはいかない」と発言している。これは八百長発言というわけではないという意見がある。リントが死亡したイタリアグランプリの前戦オーストリアグランプリ終了時点でリントは45ポイントを獲得しており、ジャック・ブラバムが25ポイント、デニス・ハルムが20ポイント、イクスは19ポイントだった。状況としては、イクスがトラブルでリタイアを余儀なくされたイタリアグランプリを除き、最終3戦を3連勝してようやくリントを1ポイント上回るという大差を付けられており、イクスがタイトルを獲れる可能性は非常に小さかった。結果としてイクスは最終戦メキシコグランプリの優勝を含む優勝2回・4位1回と、3戦で21ポイントを稼ぐ大健闘を見せた。この頑張りは「手を抜いた走りをするのはリントに失礼」と言う思いがあったから、という意見がある。最終戦を優勝したイクスに対し、リント夫人が「カナダグランプリを優勝した時には、このまま全部勝ってしまうのではないかと思った」と言ったという。この年がイクスのキャリアの中でも最もF1世界チャンピオンに近づいた年になった。

オランダグランプリで1勝したに留まった。

ドイツグランプリで1勝したに留まった。

フェラーリのエースとして開幕を迎えたがチームとの関係は悪化しており、更にニューマシン312B3の開発が難航しフェラーリはイギリスグランプリの後F1を休止、その間ドイツグランプリで3台目のマクラーレンM23を駆り、2台のティレルに次ぐ3位表彰台を獲得。再びフェラーリに戻ったが、オーストリアグランプリ用の新型B3はセカンドドライバーのイタリア人、アルトゥーロ・メルツァリオのみに委ねられた。結局シーズン終了を待たずしてフェラーリを離脱。最終戦アメリカグランプリで、フランク・ウィリアムズ率いるイソで出走し、7位に入り意地を見せた(メルツァリオはリタイア)。

エマーソン・フィッティパルディの抜けたロータスに加入。手始めにブランズハッチで行われたノンタイトル戦「レース・オブ・チャンピオンズ」で優勝を挙げる。この年ロータスはニューマシン76をデビューさせたが、後に車の出来が期待はずれであることが判明、結局僚友、ロニー・ピーターソンがモナコグランプリで優勝した後に開発中止となり、その後は76のパーツを流用した72Eで戦うこととなる。チーム内では1年の経験があるピーターソンの方に分があったが、彼が後退した2レースで表彰台を獲得し、ドイツグランプリでは得意のニュルブルクリンクを舞台にピーターソンの0.8秒差(このレースのタイム計測は1/10秒単位であった)でフィニッシュするなど、時折光る走りを見せた。

ピーターソンと共にロータスを駆ったが、時代遅れの72Eにもはや勝つための能力はなく、人身事故のため29周で中断したスペイングランプリでの2位が唯一の入賞となった。結局イギリスグランプリ前にロータスを去ることとなる。

1973年最終戦以来となるウィリアムズチームに移籍。しかしアメリカ西グランプリ、ベルギーグランプリ、モナコグランプリ、イギリスグランプリで予選落ちを喫するという散々な成績の末チームを去ることになる。この年は、スウェーデングランプリを欠場する代わりにポルシェ・936を駆りル・マン24時間レースを制しており、この頃からスポーツカーレースを活動の中心に置くようになったようである。その後ドイツグランプリで起こったニキ・ラウダの事故にて、安全管理に不満を示しF1を引退したクリス・エイモンに代わり母国オーストリアグランプリを走ったハンス・ビンダーを引き継ぐ形でエンサインに移籍しF1復帰。イタリアグランプリ、カナダグランプリで完走するも世界のトップドライバーに見合うパッケージとは程遠かった。

クレイ・レガッツォーニに代わり、エンサインのワークスカーでモナコグランプリのみスポット参戦して10位。

引き続きエンサインでモナコグランプリ、ベルギーグランプリ、スペイングランプリ、スウェーデングランプリに参戦したが、好成績を得られぬままデレック・デイリーにシートを託した。

もはやモナコグランプリにも母国ベルギーグランプリにも出走しなかったが、フランスグランプリ前にリジェのパトリック・ドゥパイエがハンググライダーの事故で負傷して空いたシートに収まった。この年リジェチームは3勝を挙げており、再び勝利を伺える千載一遇のチャンスだったが、不運にもシーズン中頃から低迷、5位と6位それぞれ1回ずつの入賞に留まった。最終戦アメリカグランプリはグリッド最後尾24番手でかろうじて決勝に進出したものの決勝レーススタート2周目アクシデントでリタイア、更にその次の周ではチームメイト、ジャック・ラフィットまでもアクシデントでリタイア。イクスはこの年を最後にF1を去り、リジェのシートはディディエ・ピローニに引き継がれた。

耐久レース

F1参戦中より活躍を見せており、特にル・マン24時間レースにおいては1969年、1975年、1976年、1977年、1981年、1982年と6勝をマーク[1]し、「ル・マンの帝王」と呼ばれた。この頃日本ダンロップのタイヤ「ル・マン24」のテレビコマーシャルにも出演している。

また1972年にはデイトナ24時間レースに勝利している。

ラリー

1983年にはメルセデス・ベンツでパリ・ダカールラリーに優勝し、1984年から1986年まではポルシェで同ラリーに参戦した。

その後もソ連製のラーダニーヴァで参戦し、1988年にはプジョー405T16GRを駆り、チームメイトのアリ・バタネンと壮絶な首位争いをする中、同士討ちを恐れた監督のジャン・トッドの指示によりコイントスで順位を決め、負けたイクスはこの年総合2位となり、FISAの会長が「モータースポーツを冒涜する行為だ!」と激怒し物議を醸した。

カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ

1979年にチャンピオンを獲得している。

安全に対するポリシー

安全に対してポリシーを持つ人物だったという意見がある。

ル・マン24時間レースにおけるル・マン式スタート(ドライバーが外からマシンに飛び乗ってスタートする。シートベルトを締める時間がないため危険という意見がある)は危険として常に抗議していた。そのアピールとして1969年の同レースのスタート時、あえてマシンまでゆっくり歩き、シートベルトをきちんと締め、最後尾からゆっくりとスタートした。このレースは激戦の末にイクスのフォード・GT40がポルシェ・908をギリギリでかわして優勝するという劇的な展開になった。これが決定的となりル・マン式スタートは廃止された、という意見がある。

レースマスコミが、カーレースの潜在的な危険性をを採り上げ、見世物のように無用な蛮勇を褒めあげることを嫌っていた、という意見がある。記者から「レースに勝つコツは」としつこいインタビューをされた際には「できるだけ"遅い"タイムで1位で完走すること。」とコメントした。

ドライバー業以外

モナコグランプリの競技役員も務め、チェッカーフラッグを振る役目を果たしていたが、1984年の豪雨のレースでは、レース中盤に赤旗による打ち切りの判断を下したことが、「猛然と迫ってくるアイルトン・セナとステファン・ベロフが首位走行のアラン・プロストを追い抜くことを阻止するためだったのではないのか」と物議を醸したこともあった。しかし、レースは視界がまったく見えないほどの豪雨であり、協議側も順位を把握できない危険な状態となっていたため、この論争はあくまで噂に過ぎない。

ベルギー人は独仏という大国にはさまれて影が薄くなることが多いことから、同郷の若手ドライバーとF1などトップカテゴリーの間のパイプ役を務めている。ティエリー・ブーツェンやベルトラン・ガショー等がその恩恵に浴した。

1991年にはマツダのスーパーバイザーを務め、マツダの優勝に貢献した。ル・マン優勝後、マツダはイクスに対してボーナスの提供を申し出たが、イクスは「私はマツダを優勝させるために契約したのだから、優勝したからといってボーナスを貰う理由はない。」と固辞したエピソードがある。

補足

長女のヴァニーナ・イクスもレーシングドライバーであり、スパ・フランコルシャン24時間レースやル・マン耐久シリーズに参戦した他、2006年からはドイツツーリングカー選手権にフル参戦している。

2006年に行われたラ・フェスタ・ミッレミリアにアルファロメオでエントリーしていたが、当日は姿を見せなかった。

脚注

  1. ^ 2005年にトム・クリステンセンに破られるまで長く最多勝記録であった。

関連項目

  • モータースポーツ
  • ドライバー一覧
  • F1ドライバーの一覧
  • 国際モータースポーツ殿堂
  • ル・マン24時間レース

外部リンク

  • ジャッキー・イクス公認ファンサイト
  • Porsche car pictures


シンプルな生活の秘訣

elmesのブログ
クレジットカード現金化
無料携帯ホームページ
2ショットチャット

愛知県立時習館高等学校

過去の名称私立補習学校時習館豊橋町立豊橋尋常中学時習館愛知県第四中学校愛知県立第四中学校クレジットカード現金化県豊橋中学校愛知県立豊橋高等学校愛知県立豊橋時習館高等学校国公私立の別公立学校設置者愛知県学区三河学区設立年月日1893年(明治26年)共学・別学男女共学課程全日制課程単位制・学年制学年制設置学科普通科学期3学期制高校コード23213A所在地〒441-8064愛知県クレジットカード現金化 比較市富本町北緯34度44分19.4秒東経137度23分1.9秒電話番号0532-45-3171FAX番号0532-47-7544外部リンク公式サイトウィキポータル教育ウィキプロジェクト学校 表・話・編・歴 正門愛知県立時習館高等学校(あいちけんりつじしゅうかんこうとうがっこう)は、愛知県豊橋市に所在する県立高等学校。目次1概観2沿革3交通4進学実績5学校行事5.1時習祭 5.2マラソン6部活動7著名な卒業生8関連項目9外部リンク[編集]概観1893年(明治26年)に私立補習学校時習館として開校。東三河トップの公立進学校である。2008年(平成20年)にSSHの指定を受けた。校名の由来は吉田藩のクレジットカード現金化信復設立の藩校「時習館」(1752年(宝暦2年)設立)からで、その「時習」は孔子『論語』の「学びて時にこれを習う(学而時習之)…」の一節から来ている。敷地面積は普通科高校の中で1番の広さを誇る。[要出典]校舎は学年ごとの棟、本館、教育工学棟、理科芸術家庭科棟などに分かれており、すべて2階建。授業は1995年(平成7年)度より1時限65分の5時間を採用している。[編集]沿革1893年(明治26年)私立補習学校時習館創設。1895年(明治28年)豊橋町立豊橋尋常中学時習館へ改称。校旗を制定。1900年(明治33年)愛知第四中学校へ改称。1922年(ショッピング枠現金化の情報11年)豊橋中学校へ改称。1946年(昭和21年)現在の校地である豊橋陸軍予備士官学校砲兵隊跡へ移転。1948年(昭和23年)4月に豊橋高等学校へ改称し、10月に豊橋時習館高等学校へ改称。(学制改革後は、小学区制が敷かれ、豊橋市の西部が学区となったが、東三河全域から学区内の中学への寄留による越境入学が絶えなかった。)校章を制定。1950年(昭和25年)校歌「わが時習館」を制定。作曲は当時の生徒、作詞は出会いランキング教員のものであった。また、翌年に応援歌「若き力」も制定。1956年(昭和31年)愛知県立時習館高等学校と改称。三河全域を学区とする大学区制開始。1972年(昭和47年)高豊分校・二川分校を統合、愛知県立豊橋南高等学校となる。1973年(クレジットカード現金化48年)学校群制度により、愛知県立豊橋南高等学校と豊橋第一学校群を組む。1989年(平成元年)3月複合選抜方式を導入。2008年(平成20年)SSHの指定を受ける。[編集]交通豊橋鉄道渥美線愛知携帯アフィリエイト駅・南栄駅より徒歩5分豊鉄バス・時習館前バス停下車[編集]進学実績東京大学・京都大学・名古屋大学と言った難関国公立への合格者を毎年多く輩出している。昨年度の東京大学の合格者を10人以上増やし、注目されつつもある。[1][編集]学校行事[編集]時習祭 9月に文化祭と体育祭をあわせた「時習祭」が開催される。文化祭は一般にも公開される。体育祭の後には男女(男子は19年度から参加可)が参加できる「フェスタ」、そしてその後に男子のみが参加できる「ファイヤーストーム(通称ストーム)」が行われる。[編集]マラソン時習館の冬の行事。男子は6km、女子は3kmを走る。マラソンの時期になると体育の授業で毎時間走っておいたあと、本番として体育科以外の先生も立会いの下で走る。[編集]部活動野球部卓球部剣道部柔道部弓道部山岳部水泳部陸上部ラグビー部ハンドボール部ソ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。